海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「バーチャル丸の内」始動! リアルとバーチャルが融合する未来のイベント体験

Tech

「バーチャル丸の内」始動! リアルとバーチャルが融合する未来のイベント体験

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
三菱地所株式会社とクラスター株式会社は、丸の内をバーチャル上に再現した配信プラットフォーム「バーチャル丸の内」を構築。2021年2月21日より「cluster」上で公開する。公開初日には、「よしもと有楽町シアター」と共同でオープニングイベントを開催予定だ。

三菱地所は、「バーチャル丸の内」を通じ、新たな賑わいの形や出会い、コミュニケーションを生むデジタル空間におけるまちのあり方を検証し、まちのDXを推進していきたいとしている。

「cluster」を提供するクラスターは、Techable(テッカブル)でたびたび取り上げている企業。今回と同じようにまちをバーチャル上に再現した「バーチャル渋谷」にも参画している。同社は、「バーチャル丸の内」において、バーチャルで「集まる」体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供していきたいとのことだ。

アバターで行く「バーチャル丸の内」

「バーチャル丸の内」は、丸の内ビル1階のイベントスペース「マルキューブ」をバーチャル上に再現した空間。ここに設置されたイベントステージからはイベント・カンファレンスなどのライブ配信が可能となる。

ユーザーは、「バーチャル丸の内」でのイベントにアバターで参加し、コメントをしたり、エモーション機能を使いハートや拍手を送ったり、さまざまな色のペンライトを振ったりとインタラクティブな体験ができるようだ。また、カメラ機能を使いイベント内で写真を撮ることもできる。

イベントには、「cluster」をダウンロードしたPCまたはスマートフォンから参加可能。「コメント入力欄」や「移動用パッド」などPCとスマートフォンでは多少仕様が異なるようだ。

ちなみに、「バーチャル丸の内」常設ワールドはオープニングイベント後の2月22日0:00以降にアクセス可能となるとのこと。

リアル・バーチャルで開催されるオープニングイベント

オープニングイベント「バーチャル丸の内フェス」は、2月21日13:00~19:10に開催予定。同イベントは、「よしもと有楽町シアター」でのライブを「バーチャル丸の内」上で生配信するという方法でリアル・バーチャルの両方で開催される。

紅白に分かれた芸人たちがネタ祭りやゲームなどで競い合い、リアル会場の参加者と「バーチャル丸の内」にいるアバターの参加者の投票によって両チームの勝敗を決定するというものだ。

なお、リアルイベントのチケットは1月21日11:00より先行販売をスタートする(バーチャルは無料)。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報