海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up リモートワークの課題を克服!コラボツール「LEMONADE」とは?

Start Up

リモートワークの課題を克服!コラボツール「LEMONADE」とは?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
リモートワークがすっかり主流になった昨今、会社のチームメンバーに「仕事の調子はどう?」と気軽に声をかける機会は少なくなったに違いない。メンバー同士のコミュニケーション頻度が下がり、毎日のリズムが崩れた結果、業務の生産性が低下してしまうという例も聞かれる。

そのようなチームにとっては、朗報かもしれない。aifie株式会社は、リモートワークを効率的に運用できるツール「LEMONADE(レモネード)」のベータ版の事前利用受付登録を開始した。

「LEMONADE」とは?

LEMONADEは、毎日の業務の目標設定や状況の報告など、リモートワークを運用するための行動を「ルーティン」化することができるツールだ。

具体的には、あらかじめ設定された時間と内容で、LEMONADEが各メンバーに自動で質問する。例えば「本日のタスク予定は?」「連絡事項」「体調は問題ない?」「仕事は順調?」などの質問がメンバーに送られる。メンバーは各々のタイミングで決められた質問に応えるだけで、仕事の進捗や悩みの相談ができるという仕組み。


1日の作業場所や目標などの予定を組み立てたり、社員の声を随時吸い上げるアンケート調査、トレンド分析による生産性や心身面に関するレポートの自動作成、フレキシブルなチェックイン機能、自動朝会、1 on 1 、意識調査など多種多様な機能がある。

つまり、マネジメント側はLEMONADEが集計したメンバーの答えを見て、リモートワークをしながら社員の様子をリアルタイムに把握できるというわけだ。結果的に、最大限のパフォーマンスを発揮するリモートチームの構築を目指す。

メンバーのモチベーションをあげる

LEMONADEは業務上の数字だけに限らず、メンタル面に関するデータも定量的に把握できるのが、大きな特徴だ。

孤独になりがちなリモートワーク環境においては、「素直に声を挙げ、表現できる安心感」がある環境が不可欠。LEMONADEは様々な機能を通じてチームメンバーの「ルーティン」を確立し、メンバー間で成果をアピールしたり、フィードバックや称賛を互いに送りあえる環境を提供する。


LEMONADEの強みは、リモートワークでは埋もれてしまいがちなデータを「見える化」することで、メンバーのモチベーションを向上させたり、チームの信頼関係を育めることだ。今後、コラボレーションツールLEMONADEは、様々なリモートチームで活用されそうだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報