海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 登山地図アプリ「ヤマレコ」、Apple Watchの文字盤に情報を表示する機能リリース

Tech

登山地図アプリ「ヤマレコ」、Apple Watchの文字盤に情報を表示する機能リリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ヤマレコが提供する登山地図アプリ「ヤマレコ(旧 ヤマレコMAP)」は、Apple Watchの文字盤(ウォッチフェイス)上で登山の状況を確認できる「コンプリケーション」をリリースした。

同機能により、「ヤマレコ」を前面で起動していないときでも、Apple Watchの文字盤で登山中に知りたい情報を確認することができる。

「ヤマレコ」の機能とは?

このたびの新機能を紹介する前に、同アプリについて簡単に説明しておこう。

「ヤマレコ」は、国内で唯一Apple Watchに対応している登山地図アプリ。

大きな特徴は、電波の届かない山の中でも事前にダウンロードした地図や登山ルート、ほかの人が歩いた場所がわかる「みんなの足跡」をセットで確認できるということ。このときダウンロードする登山ルートは、自分の登山計画や他の人の山行記録、GPXファイルなどから自由にダウンロード可能だ。

自分で登山計画を立てる場合、経由地点を示す白い丸をタップするだけで予定ルートを作成し、コースタイムを自動で計算してくれる「らくルート」機能が便利だという。なお、ルートがないバリエーション登山の計画を立てたいときには、手動モードに切り替えて予定ルートを作成することも可能とのこと。

なお、作成した登山計画を「山と自然ネットワーク コンパス」に登録すると、提携している都道府県に対して登山届を提出したことになる。

登山開始後は、GPSログや写真、音声、動画、テキストで記録を残すことも可能。また、予定ルートを外れた場合は音声や振動で知らせる機能もある。さらに、GPSログは定期的に「ヤマレコ」に位置情報を残すため、家族などが「ヤマレコ」の「いまココ」機能を使うことで居場所を共有することができるのも安心なポイントだろう。

すぐに確認できる登山状況

以上のような機能を持つ「ヤマレコ」は、地図・標高・ペース・心拍数・消費カロリーなどさまざまなデータをApple Watchにも表示可能。

これまで、これらのデータはアプリを前面で起動させたときのみ見ることができた。しかし今回リリースされた「コンプリケーション」を使うことで、アプリが前面で起動していなくてもApple Watchの文字盤にデータを表示させることができるという。

文字盤に表示できるのは、従来からのアプリアイコンにくわえ、標高グラフ・歩くペース・予想通過時刻・予想下山時刻・予定の進行状況(%)。これにより、腕を傾けるだけで自分の登山状況を把握することができるだろう。現在、登山専用のApple Watchの文字盤モデルが公開されている。

ちなみに、アプリを起動すると地図などの画面がApple Watchに表示されるが、「リューズ(デジタルクラウン)」を押すことで文字盤に戻せるとのこと。

「コンプリケーション」に関しては、iPhoneアプリで取得・分析したデータをApple Watchに表示するという連携で、AppleWatchの消費電力を最小限に抑えることに成功したようだ。

PR TIMES(1)(2)(3)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報