海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 2025年万博開催に向けたPJT、バーチャルアイデアとバーチャルタレントを募集中

Tech

2025年万博開催に向けたPJT、バーチャルアイデアとバーチャルタレントを募集中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般社団法人ナレッジキャピタルと大阪府および大阪市は、2025年大阪・関西万博に関する協力協定を締結。2020年12月より、アイデア発掘・共創プロジェクト「バーチャルアイデアを考えよう」を展開している。

同プロジェクトでは2つのコンテストを実施し、新しいアイデアの発掘・創出と万博に対する大阪府民・大阪市民の理解促進および機運醸成を目指す。

アイデアとバーチャルトレントを発掘!

大阪府と大阪市は、万博の開催前から万博を体験できる場として「バーチャル大阪館(仮称)」の開設を計画中だ。ここでは、バーチャル空間を活用した展示やイベントを展開していくという。

そこで、VRパビリオン「バーチャル大阪館」で活かせるアイデアを募集する「わくわくアイデアコンテスト」を同プロジェクトにて実施中。2021年2月26日までアイデアを募集し、3月の発表会で各賞を授与する予定とのこと。

もうひとつのコンテストでは、ナレッジキャピタルのイベントや配信プログラムで活躍するバーチャルタレントのキャラクターとキャスト(中の人)を募集中。

キャラクター部門は2021年1月18日まで募集され、グランプリ作品はイラストをもとに大阪電気通信大学と共同で3Dアバター化されるとのことだ。

3Dアバターに命を吹き込むのがキャスト部門で選出された人。キャスト部門の人は30秒~60秒程度の自己PR動画を提出し、審査員によりグランプリが選出される。応募期間は1月31日まで。

応募の前にコチラをチェック!

3者は、「大阪×バーチャル 未来会議」と題した、最先端のバーチャルコンテンツや大阪的なアイデア発想法についての理解を促す3つのコンテンツを配信中。

「オープニング宣言&トークプログラム」では、吉村大阪府知事・松井大阪市長・ナレッジキャピタル総合プロデューサーの野村卓也氏が登場。VR技術の今後の展開やウィズコロナ時代におけるバーチャル技術の重要性、「バーチャル大阪館」への期待などについて対談している。

「進化するバーチャルワールド​」では、バーチャルクリエイターのもちひよこさんと、VR法人HIKKY取締役CVOの現役Vtuber「動く城のフィオ」が、進化し続けているバーチャルワールドについて語り合う。

「大阪的アイデアの作り方」には、株式会社ズームス代表・一般社団法人ナレッジキャピタル リサーチャーである保田充彦氏と、 株式会社人間の花岡氏、山根シボル氏が登場。出演者が実際に考えた「わくわくアイデアコンテスト」のアイデアを発表したり、VRやAR活用事例を紹介したりと大阪的なバーチャルアイデアの発想法をテーマにトークを展開していく。

この動画は、「バーチャルアイデアを考えよう」のページから視聴可能だ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報