海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「スマートテーブル」や「ヒーティングベルト」など……【今週のモノ知りレポート #08】

Tech

「スマートテーブル」や「ヒーティングベルト」など……【今週のモノ知りレポート #08】

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「今週のモノ知りレポート」では、今週一週間で編集部がチェックした「気になるモノ」をご紹介。

今回取り上げるのは「スマートテーブル」や「ヒーティングベルト」など……。それではどうぞ!

10,000mAhバッテリー内蔵のスマートテーブル「etable」


どんな製品?

バッテリーを内蔵し、各種デバイスを充電できる折りたたみテーブル。Type-C入出力ポートや、Type-A出力ポート(2つ)を搭載。最大10WのQiワイヤレス充電にも対応している。サイズは33×28×5cm(収納時)で、重量は約2.22kg。

現在、クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」にてプロジェクトが実施されている。数量限定の「早割」の場合は、7,980円(税込)で購入可能。

編集部コメント

ソファーやベッドの上での作業に役立つ折りたたみテーブルが、バッテリー搭載でもっと便利になりました。

コンパクトさに加えて頑丈なつくりもセールスポイントで、最大荷重は15kg。プライベート・仕事を問わず重宝しそうな一台となっています。

GREEN FUNDING

お腹を温める「INKO Heating Belt Haramaki」


どんな製品?

銀ナノインクで温める特許技術を用いたヒーティングベルト。コントローラーによる3段階の温度調節に対応し、使用シーンに応じて40・47・55℃から選択可能。消費電力は7W(5V・1.4A)で、重量は117g。サイズは110×11.6×0.15cmとなっている。

株式会社GlotureのECサイト「GLOTURE.JP」にて販売中で、価格は7,590円(税込)。

編集部コメント

12月公開の「今週のモノ知りレポート #05」では、同じ特許技術を用いた「INKO Heating Mat HEAL」もご紹介しました。

今回の製品は「Haramaki」の名前通り、お腹に巻けるタイプ。お腹や腰の冷えが気になる方は要チェックのプロダクトです。

PR TIMES(株式会社Gloture)

PC周辺機器などの整理に役立つポーチ「Power Packer」


どんな製品?

3段構造となっており、さまざまなものを整理して収納できるポーチ。ストレッチ素材を採用し、収納力アップも実現。YouTubeでは、製品の利用デモ動画が公開されている。サイズは26×9×4cm。

クラウドファンディングサイト「Makuake」にてプロジェクトを実施中。数量限定の「超早割」の場合、5,540円(税込)で購入可能。クラウドファンディングの特典として、アルミ製のネームタグも付属する。

編集部コメント

この製品のプロジェクトは2017年にもMakuakeで実施され、今回は2回目となるようです。

機能性に加えて、シンプルで洗練されたデザインが魅力的。カラーリングは4種類とのことで、選ぶ楽しさもありそうですね。

PR TIMES(株式会社ハンズエイド)

人の動きを検知する「スマートLED電球(人感)」


どんな製品?

プラススタイル株式会社が手がけるスマートLED電球。人感センサーを搭載し、人の動きによる自動点灯・消灯に対応。Wi-Fiに接続すれば、人を検知した際のアプリ通知も利用可能となる。

現在はMakuakeにてプロジェクトが実施されており、数量限定の「超超早割」の場合は2,786円(税込)で購入可能。「スマート加湿器」など、ほかのスマート家電とのセットも用意されている。

編集部コメント

こちらは、12月末にTechableで紹介したプロダクト。本記事執筆時点で、100名以上のサポーター(出資者)を集めています。

iOS・Android両対応のスマートフォンアプリと連携することにより、さまざまな設定を行える点が特長。色味や明るさを調整できるため、幅広いシーンで活躍してくれるでしょう。

PR TIMES(プラススタイル株式会社)

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報