海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech トヨタの2人乗り小型EV「C+pod」は家庭での普通充電に対応、2022年一般発売へ

Tech

トヨタの2人乗り小型EV「C+pod」は家庭での普通充電に対応、2022年一般発売へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ちょっとした近距離移動に使える小型の電気自動車「C+pod」がトヨタから発売された。2人乗りのかなりコンパクトなタイプで、フル充電で150キロ走行できる。

まずは法人や自治体向けに販売し、2022年を目処に一般消費者にも販売を開始する計画。毎日の通勤や買い物など、日常の“足”としてうってつけそうだ。

エネルギー効率を追求

C+podは環境への負荷を少なくする2人乗りEVとして開発された。1人あたりの高いエネルギー効率を追求したという。

効率性に貢献している要素としては、まずボディのコンパクトさが挙げられる。サイズは全長2490ミリ、全幅1290ミリ、全高1550ミリだ。

これだけ小さいと当然のことながらかなり小回りがきき、実際、最小回転半径は3.9メートル。車庫入れなどもさほどハンドルを切り返すことなくできそうだ。

最高速度は時速60キロ

また、小型軽量のために“燃費”がいいことも効率性に寄与している。1回のフル充電で走行できる航続距離は150キロとなっていて、法人であれば近距離の営業回り、自治体であれば巡回、定期訪問などに使えそうだ。

航続距離が長い分、充電回数が減らせるのも維持管理のうえでメリットとなる。

そのほか、特徴的なのが家庭での「普通充電」に標準対応している点。付属の充電ケーブルをコンセントにさして充電できる。これは2022年から一般発売するうえで、かなりのアピールポイントになりそうだ。ちなみに、充電時間は単相200V/16Aの場合5時間、単相100V/6Aで16時間だ。

その他のスペックとしては、最大出力は9.2kW、最大トルクは56Nm、最高速度は時速60キロ。

メーカー希望小売価格は165万円(税込)〜。決して安いという設定ではないが、環境に優しい点、ガソリン不要という経済性などを考えたときにEV浸透に一役買うプロダクトとなりそうだ。

トヨタ
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報