海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification 資生堂がいよいよ、コンピューターシミュレーションで化粧品を作り始めた

‎Notification

資生堂がいよいよ、コンピューターシミュレーションで化粧品を作り始めた

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
例えばファンデーションを塗ったとき、どのような仕上がりになるかをシミュレーションするのは、現在もある程度なら出来る。だが、実際の肌の様子はなかなか再現できず、化粧品開発には役立たなかった。

今回、資生堂が開発した光学シミュレーションシステムは、モンテカルロ・シミュレーションという手法を取り入れた新しいもの。ファンデーションを塗った肌の状態を、バーチャルで、正確に再現できるのが特徴だ。このシステムを駆使して作ったファンデーションが、2021年2月21日から登場する。

乱数を用いて肌に迫る

モンテカルロ・シミュレーションとは、サイコロを振るように、乱数を用いた試行を繰り返すことで結果を推測する手法だ。光が当たった物体の見え方をシミュレーションするときによく使われている。

これに目をつけた資生堂は、自社が蓄積した顧客の肌測定データと、色むらに関する数理モデルを利用して、光が当たったときの肌の色調や質感を正確に描き出す、化粧品用の光学シミュレーションシステムを開発した。

このシステムは、不均一な色合いとランダムな凸凹のある人間の肌を再現できるだけでなく、多種多様な原材料を混ぜて作るファンデーションの開発を飛躍的に進歩させる。

新しい調合の効果がすぐにわかる

化粧品の開発では、新しい調合のサンプルをいくつも作り、それを人の肌に塗って目視で効果を評価するという方法がとられている。そのため、多くの労力と時間が必要になる。

これに対して、新開発のシミュレーションを使えば、ある調合のサンプルを塗った肌がどう見えるかを、瞬時に知ることができる。それを参考に調合(化粧品業界では「設計」と呼ぶ)に変更を加え、より効果の高い化粧品を効率的に開発していけるというわけだ。

同社のニュースリリースによれば、ファンデーション塗布の仕上がりを均一に見せるにはファンデーションの「隠ぺい力」が高すぎても低すぎてもだめで、最適な隠ぺい力の範囲がシミュレーションで明らかになったとのこと。

また「自然なツヤ」感を出すために、これまで見過ごされていたファンデーション粉末の形状や大きさも重要であることが分かったそうだ。

同社は2021年2月21日から、化粧品ブランド「マキアージュ(MAQuillAGE)」のファンデーションをリニューアルするが、そこで新登場する「マキアージュ ドラマティックパウダリー EX」の開発に、このシミュレーションが用いられている。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報