海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 接続ステータスを表示するディスプレイ付きUSB-Cハブ「Smart Dock」が便利そう!

Start Up

接続ステータスを表示するディスプレイ付きUSB-Cハブ「Smart Dock」が便利そう!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
MacBookをはじめ、多くのラップトップのポートがUSB-Cに一本化される傾向にあるが、そうしたデバイスで拡張性を確保するにはUSB-Cハブが欠かせない。

さまざまなメーカーから多くのハブが展開されているなかで、このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「Smart Dock」は一歩先をいく。小型ディスプレイを搭載し、接続した機器のステータスが一目でわかる仕様となっている。

電流や温度も表示

Smart Dockは長方形で側面にポート類が備わっているハブに一般的なデザイン。しかし実は表面に1.3インチのHDディスプレイが備わっている。開発元によると、ディスプレイ付きのUSB-Cハブは世界初とのこと。

このディスプレイに、接続した機器の情報が表示される。どの機器を接続しているかだけでなく、電流や温度などがリアルタイムに示される。

USB-Cは100W出力

Smart Dockは大きく分けて7つのポートを搭載するタイプとポートが9つ備わっているタイプの2つがある。具体的にはUSB-C PD、USB-A、HDMI、SDカードリーダーなど。これらに加えて9-in-1タイプの場合はギガビットイーサネットなども備える。いずれのタイプもUSB-C PDは100W出力に対応する。

また、7-in-1のタイプではプロ仕様とスタンダード仕様、それからケーブルが本体にくっついているものと、取り外しが可能なものが用意されている。

プロとスタンダードの大きな違いは、HDMIの対応解像度がプロの場合は4K@60Hzなのに対し、スタンダードだと4K@30Hzとなることだ。

ちなみに9-in-1タイプはプロ仕様かつケーブルが取り外し可能なもののみとなる。こちらは、7-in-1よりもひとまわり大きく、ディスプレイは1.54インチとなる。

Kickstarterでの出資額はタイプによって異なるが、7-in-1でスタンダード、ケーブルが本体につながっているタイプは記事執筆現在36ドル(約3700円)〜となっている。9-in-1タイプは79ドル(約8200円)〜だ。

出資は来年1月16日まで受け付け、締め切り後すぐに7-in-1の発送は始まる。9-in-1タイプは4月の配達が予定されている。日本への送料は4ドル(約410円)だ。

Smart Dock/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報