海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 量子コンピュータで最適な都市交通と環境づくりを目指す事業、ミャンマーにて開始

Tech

量子コンピュータで最適な都市交通と環境づくりを目指す事業、ミャンマーにて開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本工営株式会社(以下、日本工営)は、環境省の「令和2年度 脱炭素社会実現のための都市間連携事業」に採択されている。同社は株式会社グルーヴノーツ(以下、グルーヴノーツ)および福岡市をパートナーに迎え、ミャンマーのヤンゴン市において「グリーンリカバリー促進事業」を開始。

同事業は、量子コンピューティング技術などの活用により、最適な都市交通と環境づくりを目指すものとなっている。

クラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」を活用

ヤンゴン市では、経済発展に伴って廃棄物の収集量も増加。収集・運搬業務が追いつかず、深刻な廃棄物問題に直面しているという。

今回の「グリーンリカバリー促進事業」では、施策のひとつとして廃棄物問題の解決を目指す。都市レベルの廃棄物戦略策定を行い、量子コンピューティング技術やAI技術の活用によって収集・運搬システムを整備していく。ヤンゴン市で廃棄物分野のODA事業に取り組む福岡市も、今回の事業をサポートする。

収集・運搬業務における作業計画や運搬経路の作成にあたっては、グルーヴノーツのクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を活用。同プラットフォームは量子アニーリング方式に対応しており、「人」「モノ」「作業」の最適なパターンを瞬時に導き出す。

建設コンサル×テクノロジースタートアップ

建設コンサルタント会社の日本工営は、自然と共生する環境づくりや快適なまちづくりを推し進めている。また、テクノロジースタートアップのグルーヴノーツは、AIや量子コンピュータなどによって快適な都市サービスを創出する「City as a Service」を推進。日本工営がグルーヴノーツに賛同し、今回の連携が実現した。

なお、グルーヴノーツが海外で都市活動の最適化に取り組むのは今回が初めて。同社は、海外での業務経験が豊富な日本工営の支援のもと、さまざまな施策を検討・推進していくとしている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報