海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech アプリ不要! バーチャルイベント&ストア開設サービス「Vrooom」提供開始

Tech

アプリ不要! バーチャルイベント&ストア開設サービス「Vrooom」提供開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
特許出願中の「VR酔いを防止する移動技術」軸にVRコンテンツ制作を行う株式会社UNIVRSは、バーチャルイベント・ポップアップストアを開けるサービス「Vrooom(ブルーム)」の提供を開始した。

同サービスは、Webブラウザのみで動作し、より多くの人にニューノーマル時代のイベント・買い物体験を提供していく。

自由度とシームレスさがポイント

新型コロナウィルスの影響で、オンライン上でのイベントやショッピングの需要が増している。しかし、オンライン上でイベントなどを開催するにあたり、主催者にはアプリ開発、来場者にはアプリのダウンロードやVR機器の用意など手間がかかることが多い。

そんななか登場した「Vrooom」は、Webブラウザを閲覧できる環境さえあれば誰でもスマートフォンやPCからアクセスできるという手軽さが特徴。

小規模のポップアップストアから大規模なイベントまで用途に合わせた自由度の高い会場設計ができるのもポイントだ。来場者は会場内を自由に移動したり見渡したりできる。

また、現実では不可能なバーチャルならではの展示も魅力のひとつ。例えば、空間内に設置された画像やアイテムをクリックすると購入ページや説明動画などへ移動させることもできるという。こういった展示により、来場者はシームレスな情報収集・購入体験ができ、主催者は売上向上に期待できるだろう。

リアリティを増すユニークな機能

同サービスのユニークな機能として、よりリアルな体験を実現する「擬似立体画像機能」がある。

同機能は、複数枚の画像を組み合わせるだけで展示物を立体的に表示できるというもの。特設サイトのデモ画面で展示されているスーツやイスは、同機能によりさまざまな角度から見ることができた。

オンライン上では確認しにくいアイテムの裏側や細部を見られることで購入への意思決定をサポートする可能性もあるだろう。

主催者・来場者双方のバーチャルイベントなどへのハードルを下げた同サービスにより、バーチャル空間がより身近な場所になるかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報