海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 荷物が持ち主を追いかける!近未来型AI「スマートキャリーケース」

Tech

荷物が持ち主を追いかける!近未来型AI「スマートキャリーケース」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
重いものを我慢して持ち歩いたり、うっかり置き忘れてしまったり……「荷物」というとそんなネガティブなシーンを思い浮かべないだろうか。しかし、これからは荷物は「持ち歩くもの」から、「自走するもの」に変わっていきそうだ。

自動追尾システムを搭載したキャリーケースが、アメリカのクラウドファンディング「Indiegogo」にて1億4千万円を売り上げた。その商品が、「Makuake」にて12月7日より販売を開始。

AIアルゴリズムと高性能センサーで持ち主を自動追尾・自走

「スマートキャリーケース」は高度なAIアルゴリズムと高性能センサーで自律走行する。



安全で正確な追尾機能を実現するために、超音波誘導を使用して障害物を検出し、周囲の物体の動きと位置を検知しながら走行。また、持ち主と8メートル以上離れるとアラームが鳴るので、置き忘れや盗難を防いでくれる。

さらに自走機能を搭載し、キャリーケース本体に騎乗して移動することも可能にした。時速10km以下の速度で多少の段差や凸凹道も難なく走行できる。

本体には足を乗せるフットサポートも収納されており、ワンタッチで出し入れが可能。楽に乗ることができるようにちょっとした工夫も施されている。

安全性・多機能性を追求

他にも指紋認証によるロックシステムや、TSA(米国運輸保安庁)承認バッテリーを搭載。バッテリーはワンタッチで取り外しできて飛行機の預け荷物にも対応。USBポートが付いているので、外出先でデバイスのバッテリーチャージができて便利だ。サイズもコンパクトにしているため、通常のスーツケースとほぼ変わらない容量を確保している。

この「スマートキャリーケース」は現在、早割35%割引適用で10万3,500円にて2020年12月30日まで購入が可能。配送は2021年2月末を予定している。

PR TIMES

Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報