海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 充電不要の究極のエコカー! Aptera Motorsがソーラー発電EVの予約受付を開始

Tech

充電不要の究極のエコカー! Aptera Motorsがソーラー発電EVの予約受付を開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、電気自動車(EV)の開発が加速度的に進み、今後ガソリン車に取って代わることが見込まれている。各自動車メーカーが性能向上にしのぎを削る中で、米国のスタートアップAptera Motorsがこのほど究極のエコカーを発表し、予約の受付を開始した。

搭載するソーラーパネルで1日に72キロ走行分の電力を賄うことができるというもので、充電の手間を省くことができる。

航続距離は約1610キロ

カリフォルニア拠点のスタートアップAptera Motorsの初製品となるEV「Aptera」は、従来の車のイメージとは異なるデザインだ。前2輪、後ろ1輪の3輪車で、ボディはかなりの流線型。2人乗り仕様となっている。

空気抵抗を極限まで抑えているデザインは飛行機やレーシングカーを思わせるが、なんと言ってもApteraの最大の特徴はソーラーパネルを搭載していること。面積3平方メートルに180枚のソーラーパネルを搭載し、太陽光を受けて発電する。

同社によると、パネルでは1日に72キロ走行分の電力を発電できる。つまり職場や買い物に行くくらいの使用であれば、太陽光だけで移動できることになり、充電は不要だ。

最高速度は時速177キロ

しかもApteraのフル充電時の航続距離は約1610キロと驚異的。これを支えているのが、カーボンファイバーやケプラーといった軽量素材の採用。これらは軽量ながら丈夫という特徴があり、鉄鋼を上回る強度も確保しているとのこと。

また、前述したように流線型のデザインも特徴で、これにより抵抗係数を0.13に抑えた。一般的に抵抗係数0.3以下だと優秀な部類とされる。

走行面の性能はというと、停止している状態から時速97キロに達するまでわずか3.5秒しかかからず、最高速度は時速177キロとなっている。

パワートレインやバッテリーは複数のオプションが用意されていて、それによって価格は異なるが、来年生産が始まるスペシャルエディションの「Paradigm」と「Paradigm+」は2万5900ドル〜4万6900ドル(約270万〜490万円)。現在、100ドル(約1万円)のデポジットで予約を受け付けている。

Aptera Motors
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報