海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 外泊時の自宅をシェア! 住んだ日分の家賃で暮らす「unito」正式版リリース

Tech

外泊時の自宅をシェア! 住んだ日分の家賃で暮らす「unito」正式版リリース

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Unitoは、居住者が家に帰らない日に宿泊者に部屋を貸すことで家賃を下げることができる「リレント」という仕組みを採用したサービス「unito(ユニット)」を今年2月にローンチ

「unito CHIYODA」と「unito Ebisu」のunito直営施設にくわえ、ホテルや民泊などの宿泊施設とも提携して都内を中心にさまざまな部屋を展開し、11月時点で累計宿泊数17,000泊、累計流通総額1億円を突破した。

そんな「unito」が、サービスページをフルリニューアルし正式版としてリリース。新たな機能を備えて、より自由でお得な暮らしをサポートしていく。

家をシェアして家賃を節約

「unito」最大の特徴は、月の基本料金から外泊した日の家賃が割り引かれるという料金システム。例えば、基本料金が86,000円の家の場合、月に10日外泊すると20,000円が割り引かれ、支払う家賃は66,000円となる。

同サービスでは、外泊中の家が短期宿泊者に貸し出される仕組み。貸し出した後はクリーニングやアメニティ補充が行われる。仮に借り手がいなくても外泊すれば割引対象となるようだ。

外泊する場合はアプリに日程を登録し、外泊前日までに指定のロッカーやクローゼットなどに荷物を収納して出かけるのみ。

月間の家賃の割引額は自動で計算され、クレジットカードで支払うというシステムだ。ちなみに、敷金・礼金、更新料、退去費用はかからない。

追加機能でさらに安心・便利に

今回、サイトがフルリニューアルし、新機能を搭載している。

それが、希望のエリアと予算を選択して物件を検索できる機能。例えば、「中央・品川・千代田」エリアで家賃70,000円までの家を探した場合、基本料金が70,000円までの家はもちろん、基本料金は78,000円だが4日外泊すれば家賃は実質70,000円というような家が具体的な数字とともに表示される。

これは「あのエリアに住みたいが、家賃が高くて住めない」という人にうれしい機能かもしれない。

また、三井住友海上と提携したunito専用保険の自動付帯を開始。部屋の設備を破損したり、相手を怪我させてしまった場合に最大3億円の補償が受けられる。

このように安心・便利に利用できる機能を追加した同サービスは、同時に資金調達も実施。グリーベンチャーズ1号投資事業有限責任組合、IT-Farm Corporation、SEホールディングス・アンド・インキュベーションズ株式会社、株式会社ガイアックス、速水浩二氏ら複数の個人投資家を引受先とする第三者割当増資と金融機関からの融資により総額1億円を調達している。

「日本サブスクリプションビジネス大賞2020」を受賞し、新たな暮らし方を提案するサービスとして注目を集める「unito」。今後の成長に注目したい。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報