海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech カーゴドローンを活用!SkyDrive、豊田市の「災害物流訓練」に参加

Tech

カーゴドローンを活用!SkyDrive、豊田市の「災害物流訓練」に参加

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社SkyDriveは、愛知県、豊田市、愛知県トラック協会の3者が今月4日に共催した「災害物流訓練」に参加。大規模地震を想定した同訓練において、物資運搬の訓練を行った。

災害時のライフラインとしての存在へ

SkyDriveは今回の「災害物流訓練」において、同社の産業用ドローン「カーゴドローン」を活用した。孤立集落への物資運搬を想定した訓練の内容は、豊田市の逢妻運動広場において定められた2地点の間を往復し、500mlの飲料水24本を運搬するというもの。

「カーゴドローン」の特徴としては、GPS座標を用いた完全自動飛行や30kg以上の積載量などが挙げられる。また、着陸箇所が限定される場所においても、正確な垂直離着陸が可能だ。

こうした特徴を持つ「カーゴドローン」を活用した物資運搬は、陸路での物資運搬が困難となる可能性がある孤立集落において、大きな支えとなるのではないだろうか。

SkyDriveは、愛知県や豊田市と連携しながら、災害時の活用も想定してドローン開発を行っていくとしている。

SkyDriveによるこれまでの取り組み

有志団体CARTIVATORのメンバーを中心とするSkyDriveは、「空飛ぶクルマ」こと「電動垂直離着陸型無操縦者航空機(eVTOL)」の社会実装を目指し、2018年7月に設立。

以来、空飛ぶクルマの屋外飛行試験や、有人試験機SD-03の公開飛行試験などの実績を重ねてきた。今年6月の時点で、協賛スポンサーの数が100社に至っている。

そんな同社は、「空飛ぶクルマ」の開発で培ったノウハウを活かして産業用ドローンを開発。今年8月には神戸市灘区の六甲山エリアにて、ドローン活用の配送サービス実用化に向けた実証実験を実施している。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報