海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ARナビアプリ「PinnAR」、27言語に対応した「翻訳機能」を追加!

Tech

ARナビアプリ「PinnAR」、27言語に対応した「翻訳機能」を追加!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社テレコムスクエアが提供中のARナビゲーションアプリ「PinnAR(ピナー)」に新たに「翻訳機能」が追加された。

27言語に対応したこの新機能により、世界149か国で利用できるナビアプリとなり、道案内はもちろんのこと外国でのコミュニケーションを円滑にする翻訳ツールとしても活躍しそうだ。

多機能な地図アプリ

「PinnAR」は、カメラで映した実際の風景上に道順をAR表示する「ARナビ画面」と、マップ上にルートが表示される「マップナビ画面」の2つのナビ画面を切り替えて使える地図アプリ。これまでの累計ダウンロード数は120万にものぼる。

周辺施設をカテゴリ別に検索できる「周辺スポット機能」やお得な「クーポン機能」、11月に追加されたばかりの「屋内ナビ機能」などを搭載し、ユーザーの快適な移動体験をサポートしてきた。

また、Googleマップが対応するすべての国のマップに対応しているのも特徴。しかし、世界中のマップを見られるとしても、言葉がわからない場合は少し使いづらいかもしれない。そんな言葉の壁を取り払ってくれそうなのが今回追加された「翻訳機能」だ。

27言語を3つの方法で翻訳!

「翻訳機能」は、日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)をはじめとし、ドイツ語・ポルトガル語・タイ語など27言語に対応。なかにはiOS限定のスロバキア語やAndroid限定のタミル語(インドやスリランカなどの公用語のひとつ)といった言語も含まれる。

翻訳方法は、「テキスト入力翻訳」「音声認識翻訳」「画像スキャン翻訳」の3通り。画面越しに文字を相手に見せたり、書き出したりするときは「テキスト入力」、リアルタイムなコミュニケーションをとりたいときは「音声認識」、看板や印刷物を翻訳したいときは「画像スキャン」というようにシーンにあわせて使いわけできるのが便利そうだ。

「PinnAR」は無料で利用できるのも特徴。このたび「翻訳機能」が追加されたことで、誰もが気軽に海外でのARナビゲーションと翻訳サービスを利用できるようになるだろう。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報