海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise “誰が、何を”話したのか、会議内容を自動的に記録するアプリ 重要点まで賢く識別

Enterprise

“誰が、何を”話したのか、会議内容を自動的に記録するアプリ 重要点まで賢く識別

ビジネスにおいて会議は付き物だが、会議が好きだ、という人はあまりいないだろう。わざわざメンバーが集まって、長時間に渡り話し合いをしたものの、結局何が決定されたのかはっきりしない……なんていうことも多い。議事録を残すのも一...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Gridspaceビジネスにおいて会議は付き物だが、会議が好きだ、という人はあまりいないだろう。わざわざメンバーが集まって、長時間に渡り話し合いをしたものの、結局何が決定されたのかはっきりしない……なんていうことも多い。議事録を残すのも一苦労だ。

そこで一役買いそうなのが、「Gridspace」というアプリケーション。「Gridspace」には、機械学習と自然言語解析のテクノロジーが搭載されており、会議の内容を自動的に記録し、会話をインデックス化して管理できるという優れものだ。

これらの機能によって、「誰が」「何を」話したのかを判別することができ、しかも、会議の会話の中で、どの部分が最も重要であるのか、ディスカッションのハイライトは何なのかを自動的に拾い出して、各ダッシュボードにまとめてリスト化する。ユーザーは会議内容を、特定のワードや人物などで検索したりできるほか、コメントを残すことも可能。

Gridspace2この「Gridspace」には、専用の「Memo M1」というデバイスが用意されており、会議室に持ち込んで会議内容を記録し、クラウドにデータを保管できる。記録容量年間5ギガバイトまでのベーシックプランは、1ユーザーにつき49ドル、無制限で利用可能なプランは79ドルの定額料金がかかり、無制限プランにのみ、「Memo M1」が付属している。

これまで出席者が各自でメモを取るなどして対応していたところ、「Gridspace」によって、会議の内容を統一管理可能な場所を確保できるようになり、出席者、関係者が自由に情報へアクセスできるほか、重要点は何なのか、認識の共有もスムーズになりそうだ。煩雑で複雑な会議から、明瞭でスムーズな会議へ。ミーティングの効果を劇的に変化させてくれそうである。

Gridspace
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報