海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise マネーツリー株式会社、家計収支調査プロジェクトで京大と連携

Enterprise

マネーツリー株式会社、家計収支調査プロジェクトで京大と連携

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
マネーツリー株式会社は、京都大学経済研究所の宇南山研究室による家計収支調査において、金融データプラットフォーム「Moneytree LINK」が採用されたことを発表。同調査は、学術的なプロジェクト「RICH(Realtime Income and Consumption of Households)」の一環として今月1日に始まった。

家計収支に関する新たなデータを構築

「RICH」は、家計収支に関する新たなデータ構築へ向けた学術的なプロジェクトだ。宇南山研究室が主体となって実施するもので、日本学術振興会から科学研究費補助金の助成を受けている。

今回の調査は、資産管理アプリ「Moneytree」のユーザーの中で、Webサイトから申し込みがあった協力者のみを対象に実施。「Moneytree LINK」を活用し、調査対象者の家計収支情報を自動で把握する。現在は協力者を募集中で、参加状況に応じた謝礼も用意されている。具体的な参加手順などは、「RICH」のWebサイトにて確認可能だ。

日本では初めての試み

「家計収支」は現在の日本経済を考える上で重要なデータのひとつとされるが、家計簿を用いた従来の調査方法には課題もあった。具体的には、調査の負担の大きさや、報告漏れの多さなどが挙げられる。

そのような課題の解決につながる今回の調査では、個人の同意を得た上で、銀行口座の出入金やクレジットカードの利用履歴などを自動で収集。家計簿やアンケートによる従来の公的統計の限界に挑戦し、新たな金融データの構築を目指す。

なお、資産管理アプリの技術が学術的に利用されるのは、日本では初めての試みとなるようだ。今後の展開に期待がかかる。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報