海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 照らしながらBGM! ランタン型ワイヤレススピーカー「Light Speaker」は“火”が動く

Tech

照らしながらBGM! ランタン型ワイヤレススピーカー「Light Speaker」は“火”が動く

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャンプなどの屋外アクティビティや、夜にリビングや寝室でくつろぐときにあると良さそうなポータブルタイプのBluetoothスビーカーが登場した。

外観はまさにランタンで、実際灯りをともすことができる「Light Speaker」。灯りが火のように音に合わせて動くという仕掛けがある。

360度サウンド

スウェーデンのスタートアップが開発したLight Speakerは一般的なランタンを模したデザインで、ボディ部分は透明の円柱形。トップはドーム型になっている。ドーム部分に2.5インチのフルレンジドライバー、ボトム部分にウーファーを搭載する。

そして耐熱ガラスで囲まれている直径105ミリの円柱形のボディ部分がウーファーの音を伝える密閉バルブの役割を果たし、ドライバーから音が360度方向に流れる仕組みだ。周波数帯域は60Hz~18kHzとなっている。

透明ボディから暖かい光

ボディが透明なのはライトとしての機能を搭載するからで、オンにすると周囲を照らす。ランタンをイメージしているだけあってLight Speakerのライトは柔らかで温かみのある光だ。明るさ温度は900〜3500K。付属のノブで明るさを調整できる。

加えて、音楽を流すとき、炎のようにライトがチラチラ動くというユニークな仕掛けもある。音の振動でバイブレートするLEDディフューザーレンズを活用した演出で、揺れる“炎”に照らし出されながら音楽に浸ればかなりリラックスできそうだ。

Light Speakerは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開中。記事執筆時点の出資額は230ドル(約2万4000円)〜となっている。すでに目標額は達成し、来年1月6日まで出資を受け付けたのち、4月にも発送される予定となっている。

Light Speaker/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報