海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech お得で楽しいEC体験を創出するシェア買いアプリ「カウシェ」成長中!

Tech

お得で楽しいEC体験を創出するシェア買いアプリ「カウシェ」成長中!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社X Asiaは、今年9月にシェア買いアプリ「カウシェ」のiOS版の提供を開始。リリース初日に1,000リットル以上の水が「シェア買い」されるなど、中国で急成長している「シェア買い」というコンセプトは「カウシェ」を通じて日本でも広がりつつある。

そしてこのたび、多くの要望をうけ「カウシェ」Android版をリリース。同時に「Androidアプリリリース記念キャンペーン」を実施中だ。

「カウシェ」のしくみ

「シェア買い」とは、1つの商品を複数人で購入することで通常よりお得に入手できるというもの。

「カウシェ」の場合、ひとりのユーザーが商品を選び割引価格での購入を決定するとシェア買いグループが作成される。友だちや家族などにグループURLをシェアし、グループメンバーを招待。1人以上が同商品の購入を決めると「シェア買い」が成立するという仕組み。

「シェア買い」が成立すると、定価の最大70%引きで購入することが可能だ。なお、決済方法はクレジットカードとApple Pay。ただし、24時間以内に「シェア買い」が成立しなかった場合は全額返金となる。

「カウシェ」では、カニ、和牛、黒豚、いくら、日本酒など日本各地の名産品を扱っており、まるでオンライン物産展のような買い物体験が可能だ。また、プリン、チーズケーキ、チョコレート、ゼリーなどのスイーツのラインナップも充実している。これまで掲載した商品数は1,000点以上とのこと。

なお、各商品ページにはシェア機能があり、購入決定前でも商品の情報を家族や友だちにシェアすることができるようだ。

Android版リリース! 資金調達も

こういった各地の特産品までもオンラインでシェア買いできる「カウシェ」に待望のAndroid版が登場。

リリースを記念して、決済画面でクーポンコード「AND20」を入力するとシェア買い価格よりさらに20%OFFとなるクーポンを配布している(先着3,000名限定)。このクーポンは家族や友だちと共有可能なため、より多くの人たちとシェア買いを楽しむことができるだろう。

タイトなリリーススケジュールで順調な成長をみせている同社は、ANRI、グローバル・ブレイン、千葉道場ファンドを引受先とした総額約1.8億円の資金調達を完了。今後は同アプリの機能開発や人材採用などに注力していく構えだ。

同アプリを活用すれば、離れた場所にいる家族や友人とも一緒に買物をしているような体験ができるのではないだろうか。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報