海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise Retty、Webサイト「V-RESAS」向けデータ提供の第2弾を開始

Enterprise

Retty、Webサイト「V-RESAS」向けデータ提供の第2弾を開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
実名口コミグルメサービス「Retty」を手がけるRetty株式会社は、内閣府などが提供するWebサイト「V-RESAS」に今年6月30日から参画し、飲食店データの提供を行っている。今回はデータ提供の第2弾として、「二次医療圏単位」での飲食店データ提供が今月17日から始まった。

データ利活用を通じた地域経済の活性化を後押し

内閣府地方創生推進室と内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する「V-RESAS」は、新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響を、各種データで可視化するWebサイトだ。同感染症の状況把握や、地域再活性化施策の検討・遂行など、データを利活用した活動のサポートを目的としている。

Retty株式会社は「V-RESAS」に対し、食領域のビッグデータ連携基盤「Food Data Platform」における飲食店データを提供してきた。今回は新たに、医療体制の構築に最も使われる「二次医療圏単位」での飲食店データの提供をスタート。このような取り組みを通して、地方公共団体や商工団体の政策立案など、データ利活用を通じた地域経済の活性化を後押しする。

食領域のビッグデータ連携基盤「Food Data Platform」とは?

2011年6月にサービス提供が始まった「Retty」は、自分にぴったりの飲食店が見つかるグルメサービスとして、幅広い年代のユーザーが利用している。前述のビッグデータ連携基盤「Food Data Platform」は、その「Retty」に蓄積された膨大なデータを保有。数百万件以上の口コミや1,500万枚以上の画像など、「食」に関するビッグデータの提供によって企業を支援する。

Retty株式会社によれば、同社は民間企業に対して支援を行うだけでなく、政府による「EBPM(Evidence-Based Policy Making:証拠に基づく政策立案)」の推進もサポートしていくとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報