海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification 「等身大で空間をつなぐ」tonari株式会社、3.4億円の資金調達を完了

‎Notification

「等身大で空間をつなぐ」tonari株式会社、3.4億円の資金調達を完了

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
等身大で空間をつなぐシステム「tonari」を手がけるtonari株式会社(以下、tonari社)は、エンジェル・シードラウンドで合計3.4億円の資金調達を完了。One Capital株式会社の主導のもと、Mistletoe Japan合同会社をはじめとした複数社や、数名のエンジェル投資家が参加したという。

ユニークなシステム「tonari」とは?

「tonari」で常時つながっている、tonari社の東京オフィス・葉山研究所の様子



tonari社は、2017年設立のソーシャルベンチャーだ。Googleでプロダクトマネージャーを務めていたタージ・キャンベル氏と、同社のエンジニアだった川口良氏によって設立された。tonari社のミッションは、物理的な距離による境界のない世界をつくること。人々が距離を気にせず仕事や教育の機会を得たり、コミュニティにアクセスできたりするような世界を目指している。

そして、社名と同名の「tonari」は、離れた2拠点をシームレスにつなげる等身大の映像システム。ほぼリアルタイムの映像やクリアな音声により、スムーズなコミュニケーションが実現する。tonari社はこのシステムを実際に使用し、本社の東京オフィスと葉山研究所を常時接続。さまざまな国籍のメンバーが、お互いの存在を身近に感じながら働いているとのことだ。

将来的な海外進出も視野に入れる

「tonari」は、国内のアーリーアダプター向けに販売が開始されており、株式会社フロンティアコンサルティングなどがすでに採用。現在は、来年の商用化に向けて準備が進められているようだ。

tonari社は今回調達した資金を活用してチームの成長を図り、将来的にはアジア地域や米国への進出も目指すとしている。新感覚のコミュニケーションツールを手がける同社の今後に期待したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報