海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech デジタル時代の子どもに! 姿勢・環境改善で目を守る「Ai/Glasses」登場

Tech

デジタル時代の子どもに! 姿勢・環境改善で目を守る「Ai/Glasses」登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、スマートフォンの普及や塾や学校などでのICT活用など、デジタルデバイスに触れる機会が増えた子どもは多いだろう。くわえて最近は、新型コロナウイルスの影響で外出を控える傾向にあり、そのぶんデジタルデバイスに触れる時間は延びているのではないだろうか。

そこで懸念されるのが、視力低下や姿勢の悪化などだ。ちなみに、文部科学省の2019年度の「学校保健統計調査」によると、裸眼視力1.0未満の児童・生徒数が小学生から高校で過去最多となったという。

そんななかクリア電子株式会社は、デジタルデバイスに触れる子どもの姿勢や部屋の明るさなどを検知・分析できるウエアラブルデバイス「Ai/Glasses」の予約販売を11月18日より開始した。

メガネの振動やブザーで注意喚起!

「Ai/Glasses」には、姿勢の歪みや首の角度を測定できる高精度6軸モーションセンサーが搭載されており、目・首の位置や姿勢などを計測する。

子どもの姿勢が悪くなると振動ブザーで注意をうながし、正しい姿勢をキープできるようサポートするという仕組みだ。

また、高性能レンジセンサーにより目と画面などの距離を測定することで、画面に近づきすぎた場合に振動で注意喚起するという機能もある。

さらに、広範囲の光を感知するセンサーが勉強や読書をしているときの光の強さを分析し、最適な部屋の明るさを知らせてくれる機能も搭載。そして、ブルーライトカットを施したレンズで、目の健康を守っていくという。

アプリとの連動

「Ai/Glasses」は専用アプリと連動するのも特徴。親の目の届かない場所でデジタルデバイスを使用するときの子どもの目や首、姿勢、使用時間などのデータを確認することができる。

仕組みとしては、計測データをマイクロCPUがAI処理し、各種データをBluetoothを通じてスマートフォンの専用アプリに転送するというものだ。

また、アプリからデジタルデバイスを使用する時間の設定も可能。制限時間を超えてデジタルデバイスを利用している場合もメガネの振動で知らせるとのこと。

桃山学院大学名誉教授の髙橋 ひとみ氏は、視力低下は「見えにくい」ことによる学習意欲低減にもつながるとし、視力低下につながる行動を防ぐ機能がある「Ai/Glasses」は、子どもの将来の可能性を守るこれまでにない製品だと評価している。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報