海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 冬季の防災作業をサポート! 福井県にてAIによる「路面状態判別技術」の実証実験

Tech

冬季の防災作業をサポート! 福井県にてAIによる「路面状態判別技術」の実証実験

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Specteeと一般財団法人 日本気象協会は、2019年よりAIを活用してカメラ映像から冬季の防災情報を取得しリアルタイムで提供するサービスの共同開発を行っている。

そしてこのたび、AIによる「路面状態判別技術」の実証実験を福井県内にて実施し、同技術の精度を検証していくと発表した。

カメラ画像を活用するメリット

同実験では、福井県内にある路面状況確認カメラに「路面状態判別技術」を応用して路面状態の把握を試みる。実施期間は2020年12月~2021年8月を予定。

同実験のポイントはカメラ画像に着目した点だろう。というのも、冬季の防災情報に関する計測機器は高額なうえ、技術的に開発途上という理由から実装が進まず、人の目視による情報収集が主流だったからだ。そのなかで進められてきたのが、コスト面で計測機器よりも安価な路面状況確認カメラやライブカメラの設置。今回はその映像を活用しようというわけだ。

また、計測機器や目視では情報を得られる箇所が限定的という弱点があったが、広範囲に設置されたカメラ画像をAIで判定することで広範囲にわたる路面の状態を把握することができるという。

適切かつ効率的な防災作業を

路面状態は、降水や降雪、気温などによりさまざまな状態に変化するものだ。そのなかで「積雪」や「凍結」といった状態では道路がすべりやすくなり事故やスタックを引き起こすリスクが高まるため、除雪作業や凍結防止剤の散布が必要となる。

同技術により、道路上での安全な交通や除雪作業・凍結防止剤散布作業の適切な実施判断、作業効率の向上が実現できるかもしれない。

Specteeと日本気象協会は今後、同技術を全国に展開し、適切な道路管理や自動運転などの推進に役立てていきたいとしている。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報