海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 1周年を迎えた渋谷PARCOを飾る、XRを活用した気鋭のバーチャルアート群

Tech

1周年を迎えた渋谷PARCOを飾る、XRを活用した気鋭のバーチャルアート群

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月で開業1周年を迎えた渋谷PARCOにて、XRを活用したデジタルアートの祭典「SHIBUYA XR SHOWCASE ART MONTH」が開催される。

展示されるXRアートは、株式会社パルコと株式会社Psychic VR Labおよび株式会社ロフトワークの共同プロジェクト「NEWVIEW」の活動を通して制作された気鋭の作品だ。

吹抜に出現するインスタレーション作品

展示内容は大きく分けて3つ。

ひとつ目は、吹抜空間を演出する大型インスタレーション「NEWVIEW AWARDS 2019 PARCO PRIZE AR EXIHIBITION」。

11月20日よりオノ夏キ氏によるインスタレーション作品『地球まかせ』を5F吹抜けに常設する予定だ。

同作品は、身体感覚や自然との接触を題材とし、鑑賞する時間によって情景が変化するというインタラクティブ性で自然の情景の移り変わりを表現したもの。VRコンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS 2019」でPARCO Prizeを受賞している。

同作品は、11月20日~23日の期間に会場スタッフが貸し出しているARゴーグルをかけるか、「STYLY」をインストールした自身のスマートフォンで会場内のQRマーカーをスキャンすることで視聴可能だ。

店内にあるARを探そう!

次に、渋谷PARCO店内を巡りAR作品を鑑賞する「NEWVIEW WORKS 2020 EXIHIBITION」。

11月20日~12月20日の期間、渋谷PARCO店内数十ヶ所に2020年のNEWVIEWプロジェクトにて制作されたAR作品を展示するようだ。店内に設置されたARマーカーをスマートフォンアプリ「STYLY」でスキャンすると作品を鑑賞できる。

展示作品のなかには、川で水遊びをする子どもたちのまわりに木や動物などさまざまな生命体が集まり、ともに楽しむ様子が印象的な『NEW 浴 VIEW』(作:最後の手段 feat. EVISBEATS)や、ミクロの世界や霊的なもの、自分自身の中身など目に見えないものをARで表現した『春と修羅・序』(作:塚本穴骨)など個性的なものが多数あるようだ。

気鋭の作品が集結!

最後は、「NEWVIEW AWARDS 2020」のファイナリスト作品を中心に集めた「NEWVIEW EXIHIBITION」。

この展示会は、12月12日~12月20日の期間、4F東側エスカレーター横吹抜けにて開催予定だ。同展示会は、2018年にGALLERY Xで、2019年は渋谷PARCO9階のCREATIVE STUDIOで開催されており、今回は場所を変更しての継続開催となる。

なお、感染症対策として一部コンテンツについて予約制を導入または入場制限を実施する場合があるとのことだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報