海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 日本IBMなどによるコンソーシアム、「AIスーツケース」の実証実験を開始

Enterprise

日本IBMなどによるコンソーシアム、「AIスーツケース」の実証実験を開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本アイ・ビー・エム株式会社など5社によって設立された一般社団法人次世代移動支援技術開発コンソーシアム(以下、AIスーツケース・コンソーシアム)は、「AIスーツケース」の社会実装を目指した実証実験を開始。同スーツケースの性能や使いやすさを評価・検証し、共生社会の実現に向けた取り組みを進めていく。

さまざまな技術を搭載した「AIスーツケース」

「AIスーツケース」は、視覚障がいのある人を支援する統合ソリューションだ。加速度センサーなどから得られる情報とAI・ロボット技術を組み合わせ、移動やコミュニケーションをサポートするという。

今月12日にスタートした実証実験の期間は、来年4月30日まで。三井不動産株式会社が管理・運営する商業施設「コレド室町3」に加え、国内の商業施設や公共交通機関などへの拡大を目指す。なお、「コレド室町3」にて先行実施されたデモンストレーションの動画が、AIスーツケース・コンソーシアムの公式Webサイトで公開されている。

慶応大・早稲田大もコンソーシアムに参画

AIスーツケース・コンソーシアムを設立したのは、アルプスアルパイン株式会社、オムロン株式会社、清水建設株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、三菱自動車工業株式会社の5社。

同コンソーシアムには、慶応義塾大学と早稲田大学も賛助会員として参画。「AIスーツケース」をプラットフォームとした研究活動を行っていくとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報