海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech BMWがスカイダイバーとコラボして時速300kmで飛ぶウイングスーツを開発

Tech

BMWがスカイダイバーとコラボして時速300kmで飛ぶウイングスーツを開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウイングスーツは、スカイスポーツ用の特殊なジャンプスーツだ。手と足の間に布が張られており、それを広げてムササビのように滑空できるので、日本ではムササビスーツなどとも呼ばれている。

電気自動車を製造するBMWのサブブランド「BMW i」は、プロのスカイダイバーとコラボして、このウイングスーツに推進ユニットを取り付けた。通常のウイングスーツは滑空するだけなので、スピードは100km/hほど。ところが、新開発のハイテクウイングスーツは300km/hで飛ぶことができる。

スカイダイバーのアイディアをBMWが実現

開発の始まりは、Peter Salzmannというオーストリアのプロ・スカイダイバーのアイディアだった。BMW iは、電気モーターに関するノウハウを活かして、彼の描いた夢を実現。数々のシミュレーションと風洞実験を経て、ウイングスーツ用の推進ユニットを完成させた。

ストラップで胸の前に固定される推進ユニットには、2つのカーボン製プロペラ、それを駆動する電気モーター、そしてバッテリーが内蔵されている。モーターの出力は通常7.5kW、プロペラの回転速度は約25,000 rpmだが、一時的に出力を押し上げて15kWにできる。ただし出力のブーストは5分間しか続けられない。

アルプスでテスト飛行

「Electrified Wingsuit」と名付けられたこのハイテクウイングスーツのテスト飛行が、オーストリアアルプスのホーエ・タウエルン山脈付近で行われた。その様子がカッコよく編集され、YouTubeで公開されている。

動画の中では、高度3,000mに昇ったヘリコプターから3人のスカイダイバーが飛ぶ。Electrified Wingsuitを着けているのは、発案者であるSalzmannさん。他の2人は、スピードを比較すために普通のウイングスーツで飛んでいる。

Salzmannさんが左腕にあるブースタースイッチを押すと、推進ユニットの本領発揮。時速300kmを出し、他の2人をあっという間に引き離す。通常のウイングスーツでは考えられない急上昇も披露している。(着陸は通常通りパラシュートでの降下だ)

このElectrified Wingsuitは、BMWのイベント「#NEXTGen 2020」で発表される予定。

BMW GROUP ニュースリリース

BMW公式サイト:Electrified Wingsuit Flight:the Making-Of
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報