海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification 宇宙を身近に感じよう!「space avatar」などの体験イベントが開催へ

‎Notification

宇宙を身近に感じよう!「space avatar」などの体験イベントが開催へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
avatarin株式会社(以下、avatarin)と凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、体験イベント「AVATAR X space avatar 宇宙を身近に感じよう」の開催予定を明らかにした。同イベントは、今月21・22日に虎ノ門ヒルズビジネスタワーで開催される。

さまざまな遠隔テクノロジー体験を提供

今回のイベントでは、さまざまな遠隔テクノロジー体験を提供する。世界初の宇宙アバター「space avatar」の操作体験では、国際宇宙ステーション「きぼう」に設置された「space avatar」を、会場にいる来場者が直接操作。「きぼう」の船内から宇宙や地球を眺める体験が可能になるという。

また、筑波宇宙センターの遠隔見学ツアーも実施される。こちらのツアーでは、同センター内にavatarinのアバターロボット「newme」を配置。アバターロボットの遠隔操作により、ツアー参加者は施設内をリモートで見学できる。

そのほか、凸版印刷のウェアラブルデバイス「IoANeck™」を用いた種子島宇宙センターの遠隔見学ツアーなども予定されており、気になるコンテンツが盛りだくさんだ。

イベントの参加予約はWebサイトから

イベントの開催日時は、今月21・22日の各日13時から20時までとなっている。場所は、虎ノ門ヒルズビジネスタワー4階の「ARCH MAGNET ROOM」。参加予約はWebサイト経由で行える。

実はこのイベント、avatarinと凸版印刷が行う技術実証・事業実証の一部として一般公開されるもの。両社は、アバター技術などの最先端技術を活用し、新たな宇宙開発・利用関連事業の創出を目指している。「宇宙×最新テクノロジー」の響きにワクワクした方は、イベントに参加してみてはいかがだろうか?

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報