海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 左右の距離を同時に測定! レーザー距離計「VH-80SE」は面積や体積の算出も

Start Up

左右の距離を同時に測定! レーザー距離計「VH-80SE」は面積や体積の算出も

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
引越しや部屋の模様替えをするとき、メジャーはマストアイテムだ。天井の高さ、部屋やスペースの幅などを測定し、サイズの合う家具やインテリア用品を選んだりするのに使う。

しかし経験のある人ならご存知だろうが、メジャーを使った測定は意外に骨が折れる。誰かの手を借りなければ難しいこともある。そこで活躍するのがレーザー距離計。今回紹介する「VH-80SE」は左右の距離を同時に測定できるワンランク上のタイプだ。

瞬時にデータ表示

インテリアや建築関係の仕事をする人の中にはレーザー距離計をすでに愛用している人もいるだろう。ボタンを押すとレーザーが放出され、その跳ね返りを元に距離を測定するというものだ。

このメリットはまず、ボタンを押すだけと手軽で、1人での測定が可能なことだ。VH-80SEもボタンを押すと瞬時にスクリーンにデータが表示される。メジャーのようにテープの片側を押さえて広げ、測定後は巻き取るという手間が一切ない。

最大80メートル測定可能

加えて、他の多くのレーザーと異なり、VH-80SEはバイラテラル測定が可能となっているのが最大のポイントだ。

例えば部屋の中央に立って、測定したいラインと並行にVH-80SEを持ってボタンを押すと、その地点から左右の距離を同時に測定することができる。左右それぞれの距離、それから合算した距離が表示される。

測定可能な距離は最大80メートル。加えて、VH-80SEでは測定した辺の数値を使って面積や体積を算出することも可能だ。専用アプリでファンクションを選択できるようになっている。

距離の単位もミリメートル、センチメートル、メートル、インチ、フィート、ヤードから選べる。開発元によると誤差は3ミリの範囲とのこと。

メジャーを活用することが多い人は要チェックのVH-80SEは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開していて、記事執筆時点の出資額は109ドル(約1万2000円)〜となっている。出資期限は12月9日、来年2月の発送を予定している。

VH-80SE/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報