海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing カウンターポイント、今年第3四半期のスマホ世界市場に関する調査結果を発表

Marketing

カウンターポイント、今年第3四半期のスマホ世界市場に関する調査結果を発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
香港のCounterpoint Technology Market Research(以下、カウンターポイント)は、今年第3四半期のスマートフォン世界市場に関する調査結果を発表した。新型コロナウイルスの影響から回復しつつある市場は、前四半期との比較で32%成長。期間中のスマートフォン出荷台数はトータルで約3億6,600万台となっている。

XiaomiがAppleを抜いて第3位に

今年第3四半期におけるスマートフォン出荷台数ランキング(シェア率・成長率含む)

カウンターポイントが公開した今年第3四半期のスマートフォン出荷台数ランキングによれば、1位はサムスン。およそ7,980万台を出荷し、前四半期比で47%の成長を記録した。

続いて2位はファーウェイ。米中貿易摩擦の渦中にある同社は、前四半期比でシェア率を落としたとのことだ。

そして注目すべきは3位のXiaomi(シャオミ)だろう。ミッドレンジスマートフォン「Redmi Note 9S」などにより日本市場でも存在感を高める同社は、前四半期比で75%の成長を記録。出荷台数・シェア率で、あのAppleを抜く結果となった。

Realmeの成長スピードが驚異的

累計出荷台数5,000万台の達成に要した期間(四半期単位)

カウンターポイントは、ユニークなデータとして「累計出荷台数5,000万台の達成に要した期間(四半期単位)」を公開。このデータの中では、2018年創業のRealmeが目を引く。同社は、今年第3四半期に累計出荷台数5,000万台を達成。サムスンやファーウェイ、Appleなどの名だたる企業を抜き、創業から最も短い期間での達成となっている。

Realmeが主要な市場としているのは、インドや東南アジア。同社は5G対応スマートフォンの豊富なラインナップを武器に、中国市場でも躍進したという。日本における知名度こそ低いが、世界市場での存在感は急速に高まっているようだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報