海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ペンが動き、通知やメッセージを描いてくれるユニークなホワイトボード「Joto」

Tech

ペンが動き、通知やメッセージを描いてくれるユニークなホワイトボード「Joto」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロンドン発のアーティスティックなホワイトボード「Joto」(ジャト)は、イラストから文字までなんでも全自動で描写する、一風変わったアイテムだ。

タブレットやデジタルサイネージよりもはるかに低電力で、使い手の創造性を刺激する魅力も詰まっている。

描くのも消すのも全自動

Jotoの仕組みはいたってシンプル。スマホやタブレットの専用アプリからイラストを転送すると、Jotoのからくりアームが作動し、ピクセルデータがペンとインクでホワイトボード上に再現される。

タブレットで描いた任意の絵や、タイプした文字、公開されている他者の作品まで、Jotoに描けないものはない。日々の予定を表示するのはもちろん、お気に入りのイラストを日替わりで表示したり、連絡事項をメンバー間で共有したり、アイデア次第で様々な使い方ができる。

Jotoに描かせたイラストの上から手で直接描き加えることも可能。オシャレな額縁をJotoで描いて、その中にメモ書きを加える...といったこともできるわけだ。当然描くだけでなく、ホワイトボードのクリーニングまでアプリ上から全自動で行える。

さまざまなアプリと連携

これらの多くは、Jotoに限らず多くのデジタルデバイスが得意とするものだ。しかし、どこかアナログチックなJotoがもたらす柔軟性や独特のぬくもりは、他にない魅力といえるだろう。

Jotoはさらに、Google、Twitter、Spotify、Slackなど主要アプリとの連携を予定しているという。Googleカレンダーの予定を日ごとに表示したり、Slackの新着メッセージを書き出せたりしたら面白そうだ。

Jotoは現在クラウドファンディングサイト「Kibidango」でプロジェクトを公開中で、180万円の目標金額達成で日本への正規輸入が決まる。プロジェクトの終了時期は12月下旬で、目標額を達成すれば来年5月中旬に発送が始まる予定となっている。

PR TIMES

(文・九条ハル)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報