海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise 企業の新規事業開発を支援!SDGs特化型「逆公募プロポーザル」とは?

Enterprise

企業の新規事業開発を支援!SDGs特化型「逆公募プロポーザル」とは?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Public dots & Company(以下、PdC社)は、株式会社スカラ(以下、スカラ社)と共同でSDGs特化型「逆公募プロポーザル」サービスを開発した。

公募によって民間企業と自治体をマッチング

今回の「逆公募プロポーザル」は、大企業やスタートアップなどの民間企業を対象としたもの。社会課題の解決に向けて仮説検証を実施したい民間企業と、住民目線での課題解決に意欲的な自治体を、公募によってマッチングする。

民間企業はまず、自治体から政策的アプローチやアイデアを募る。その後、優れたアイデアを提案した自治体に対し、「寄付受納」という仕組みを使って資金を拠出。このようなフローにより、スムーズな仮説検証が実現するとのことだ。

サービス誕生の背景にあるもの

近年では、「FoodTech」や「EdTech」などのように、テクノロジーで社会課題の解決を図る動きが加速。その中で課題解決への貢献を目指す企業は、PoC(実証実験)パートナーの選定に苦労することも多いという。

そこで、多くの企業に対してコンサルティングを行ってきたPdC社が、スカラ社とのタッグで「逆公募プロポーザル」を開発。従来の公募プロポーザルにおけるベクトルを文字通り「逆」にして、これまでの課題の解決を図る。

来週には、具体的なプロジェクト第1弾の詳細も明らかになる予定。今後の展開に注目したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報