海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 体験型ストア「b8ta」、11・12月に登場する新製品ラインナップ発表!

Tech

体験型ストア「b8ta」、11・12月に登場する新製品ラインナップ発表!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年8月、新宿マルイ本館1階と有楽町電気ビル1階に2店舗同時オープンした「b8ta」。

オープン時には「完全無人型スキャンボックス」や「IoANeck」、「root C」「千休」など幅広い製品が並び、多くの客でにぎわったようだ。

そんな「b8ta」が、11月と12月に新たに43種類以上の製品を追加すると発表。今回はどんな製品が登場するのか? いくつかピックアップしてみよう。

「b8ta」ってなに?

製品紹介の前に「b8ta」について簡単に説明しておく。

「b8ta」は米国サンフランシスコにてRaaS(Retail As A Service)のパイオニアとして誕生し、店舗区画を出店者に貸し出すサブスクモデルで展開中。区画を借りた出店者にはスタッフの手配やシフト管理、在庫管理、物流サポートなどの包括的なサービスが提供される。

日本初出店の2店舗には、一般の販売区画とは別に中規模の区画に仕切られたエクスペリエンスルームも併設。ここではブランドの世界観とともに製品やサービスを体験できる。ちなみに、新宿に1室、有楽町には3室あるようだ。

最新ガジェットに注目!

それでは新製品のラインナップにうつろう。

テックウインド株式会社は、ノートパソコンのUSBポートにコードを差し込むだけで、さまざまなタッチ操作が可能になる「AirBar」を出展予定。

キヤノンマーケティングジャパン株式会社からは「観る」と「撮る」を楽しめる望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」、クリエイティブジャパン株式会社からはパワフルかつ安全性に配慮したスタンディング電動バイク「Free Mile plus」が出展されるようだ。

さらに、音楽イヤホンと翻訳機の一台二役をこなすリアルタイムAI翻訳機の最新版「Timekettle M2」や、どこでもコーヒーが抽出できるポータブルドリップコーヒー機能付きタンブラー「Sablier 2.0」、数千万の日本語データを学習し、人のように会話のキャッチボールをする自律型会話ロボット「Romi」など、最新のガジェットが豊富な印象だ。

ガジェットのほか「オーディオ・ビジュアル」「ビューティー&コスメ」「スポーツ・アウトドア」「ファッション」「ライフスタイル」と幅広い製品が登場するとのこと。

実際に体験できる製品も!

このたびエクスペリエンスルームに出展予定の製品が3点ある。

1つ目はネスレネスプレッソ株式会社のNESPRESSO「VERTUO(ヴァーチュオ)」。厚みのある豊かなクレマをスプーンで混ぜ込み、コーヒーとクレマを一緒に楽しむことで芳醇なアロマとやわらかい口あたりをもたらす新しいコーヒーシステムだという。

2つ目はダイソン株式会社の「Dyson Lightcycle Morph ライト」。1台で4つの照らし方ができ、ライフスタイルに合わせて光を変化させられる製品だ。

3つ目はパラマウントベッド株式会社の「Active Sleep」。睡眠の状態に合わせてベッドの角度が自動で変わる「眠りの自動運転」を実現するベッドだという。

これら3点は実際に体験することが可能だ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報