海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 現実とバーチャルが融合するXRアトラクション「XR Wonder Park」開催決定!

Tech

現実とバーチャルが融合するXRアトラクション「XR Wonder Park」開催決定!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
curiosity株式会社と株式会社NTTドコモが共同開発中のXRアトラクション「XR Wonder Park」の開催が決定した。

2020年11月18日~12月27日の期間、新宿サザンテラスを舞台に現実世界とバーチャル世界が融合する近未来アトラクションが展開される。

なお、同アトラクションはNTTドコモと小田急電鉄株式会社が取り組む「XRシティ SHINJUKU」のコンテンツのひとつという位置づけだ。

未来のSNS体験!?

「XR Wonder Park」は、エリアごとに異なる10分程度のストーリー3本を順不同で楽しめるアトラクション。

注目すべきはその近未来感だ。キャラクターやアイテムがXRで出現したり、実際の街や建物が歪み穴があいたり、街路樹が喋りだしたりとリアルとバーチャルの融合をさまざまなかたちで体験可能。

参加者は自身のスマートフォンまたはタブレットにアプリをダウンロードしてアトラクションを楽しむ。基本1人プレイとなるが、アトラクション内のみで使える「空間メッセージ機能」を使うと新宿サザンテラスエリアの好きな空間に好きなメッセージを残すことができ、ほかのプレイヤーとまるで未来のSNSかのようなコミュニケーションがとれるという。

同アプリは、グーグルが提供する「Cloud Anchors」の技術を活用することで現実の場所にリンクしたAR表現を実現している。なお、iOS端末ではアップルが提供する「ARKit」の技術を活用し、実際の人や物体との重なりを正確に表現することでよりリアルなAR体験ができるとのことだ。

趣向の異なる3タイプ

同アトラクションの3本のストーリー全編を通してカギとなるのが時空の歪み「ワンダーポータル」。アプリを起動し現実世界に現れる「ワンダーポータル」をタップするとキャラクターや重要アイテムが出現し、物語が進んでいくという流れだ。

では、3本のストーリーの特徴を簡単に説明しよう。

まず、木や生け垣などの植物に顔の形に変化して話しかけてくるショートRPGタイプのもの。植物たちの言葉をヒントに探しものを探していくというストーリー展開だ。

次に、「時空海賊」をXRシューティングで退治するシューティングゲームタイプのもの。参加者のミッションを邪魔する「時空海賊」を撃退しながらストーリーを進めていくというスリルを味わえるストーリーだ。ちなみに、「時空海賊」が歩く場所にはXRで歪みや亀裂が発生するらしい。

そして、3つ目はさまざまなXRを体験できる鑑賞タイプのもの。時計塔に巨大な穴が空いたり地面が浮き上がったりとXRをショーとして楽しむことができるようだ。

以前Techable(テッカブル)でも取り上げた、インタラクティブ作品「Interference」は同社が制作したもの。

今回の「XR Wonder Park」では現実とバーチャルの融合を体験できるが、この作品では現実とバーチャルの「狭間の世界」を体験できる。現実とバーチャルの2つの世界を操る同社の今後に注目したい。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報