海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech お土産などにかざすとAR動画が見られるアプリ「Xpark AR」、台湾の水族館で公開

Tech

お土産などにかざすとAR動画が見られるアプリ「Xpark AR」、台湾の水族館で公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ロボットが企画制作したアプリ「Xpark AR」が、台湾初の新都市型水族館「Xpark」にて2020年11月11日より公開される。

「Xpark AR」は、これまで映画やTVCM、スマートフォンアプリなどを手がけてきた同社の映像エンタテインメントとデジタル技術を組み合わせた新たな取り組みだ。

ARアニメーションが見られる

同アプリのコンセプトは「プロダクト×映像エンタテインメント」。

お土産として持ち帰ることができるプロダクトにオリジナルキャラクターのARアニメーションが仕込まれており、スマートフォンのカメラを通してアニメーションを楽しむことができる。

お土産にストーリー性を持たせることで、離れた場所からでも水族館の世界観やストーリーを体験できるだろう。このエンタテインメント手法はニューノーマル時代の新たな可能性のひとつとなるかもしれない。

また、「Xpark」の館内に設置されているスポットにカメラをかざしてもARのショートアニメーションが見られるという。

同アプリの開発には、オープンソースのプログラムと独自のプログラムをかけ合わせたARシステムを構築したようだ。なお、ARマーカーとなるプロダクトに関してもパッケージやぬいぐるみのデザインの製品監修を同社が行ったとのこと。

圧倒的没入感の水族館

同アプリが公開される「Xpark」は、生きものたちが暮らすさまざまな環境を展示演出とテクノロジーを融合させリアルに再現している。気温や湿度、匂いや音まで計算された空間と天井や床、水槽への映像演出で360°の圧倒的没入体験が可能になるという。

これにより来館者は、生きものたちを観察すると同時に自分もその場に行ったような感覚にとらわれるようだ。環境演出のなかには、環境に適応して進化してきた生きものたちの不思議な魅力を引き立たせる多角的な演出ものもあるとのこと。

先端技術を取り入れた「Xpark」において、今後「Xpark AR」の役割はアニメーションにとどまらず広がっていきそうだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報