海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing カウンターポイント、スマホ向けアプリプロセッサの市場調査結果を発表

Marketing

カウンターポイント、スマホ向けアプリプロセッサの市場調査結果を発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
香港のCounterpoint Technology Market Research(以下、カウンターポイント)は、スマートフォン向けのアプリケーション・プロセッサ(以下、AP)に関する市場調査結果を発表した。

Qualcommのシェア率はやや低下

今年第2四半期のシェア率ランキングでは、「Snapdragon」シリーズで知られる米国のQualcommが首位に輝いた。続いて2位は、「Helio」や新シリーズ「Dimensity」を手がける台湾の半導体メーカー、MediaTek。そして、ファーウェイ製端末向け「Kirin」シリーズのHiSiliconが3位につけている。

注目すべきは、Qualcommが昨年第2四半期との比較でシェア率を落としていること。カウンターポイント社のリサーチVPを務めるNeil Shah氏によれば、その背景には米国の貿易規制があるという。中国のスマートフォンメーカーの雄であるファーウェイは、貿易規制を受けてHiSilicon製APの採用を増やした。結果、「HONOR」ブランドを含む同社製端末において、Qualcomm製品の搭載率が下がったとのことだ。

今後は5Gスマートフォンが市場を牽引する?

カウンターポイントは今回、地域別のシェア率を表したグラフも公開。ハイエンドモデルに強いQualcommが欧州などで成長し、コストパフォーマンスに優れたMediaTekが中東・アフリカなどで伸びるとみられている。

なお、新型コロナウイルスの影響でスマートフォン市場全体が縮小したものの、5Gスマートフォンの売上は好調だという。カウンターポイント社は、5G通信の普及と並行する形で、スマートフォン向けAP市場がしばらくの間成長していくと予測している。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報