海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ライブ配信後のエコシステム! サブスク型会員サービス「ZAIKOアンコール」開始

Tech

ライブ配信後のエコシステム! サブスク型会員サービス「ZAIKOアンコール」開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ZAIKO株式会社は、電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」や有料ライブ配信サービスといったアーティストやイベント事業者を支援するサービスを提供してきた。

そしてこのたび、配信したコンテンツを二次利用し、多角的なマネタイズを図ることができるプラットフォーム「ZAIKOアンコール」をローンチ。新型コロナウイルスの影響で厳しい状況下にあるライブ・エンターテイメント業界のエコシステム構築を目指す。

アンコール会員への特典とは?

「ZAIKOアンコール」は、月額600円のサブスク型プレミアム会員サービスで、アンコール会員にはさまざまな特典が用意されている。

例えば、チケット購入したイベントのアーカイブ期間の延長(対象外イベントあり)や、アーカイブされたライブコンテンツの高音質・高画質での視聴、過去にZAIKO内で配信されたライブコンテンツをいつでも視聴できる「ZAIKOアンコールシアター」の利用など。

これにより、アーティストやイベント事業者が作ったステージを作品として残し、ユーザーとのエンゲージメントを深めることで収益につながるファン獲得をサポートしていく。

配信後のマネタイズ方法

ニューノーマル時代のなか、ライブなどの音楽活動の多くがオンライン化されている。配信されたライブコンテンツは、配信以降のマネタイズにはDVDなどのパッケージ化や動画配信プラットフォームへの掲載が必要だ。

しかし、「ZAIKOアンコール」を活用し「ZAIKOアンコールシアター」にコンテンツを提供することで、パッケージ化などをせずとも収益機会を多角的に創ることが可能になるという。なお、映像の契約料のほか、「ZAIKO」を利用しているイベント主催者に対しさまざまなインセンティブが用意されているとのことだ。

「ZAIKOアンコール」の2020年11月4日のローンチにあわせ「ZAIKOアンコールシアター」では、D.A.N「Supernature」やカクバリズム「カクバリズムの家祭り」、神聖かまってちゃん・でんぱ組「でんぱをかまってちゃん”星降る引きこもりの夏休み”」など25点のライブコンテンツを公開予定。

今後はギフティング機能などを追加し、より多様な収益機会をつくりたいとしている。配信したコンテンツを利用した二次的な収益機会の創出という業界初の試みの今後に注目したい。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報