海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ヤマハ、夜間でも音を気にせず演奏できるデジタルサックス「YDS-150」発売

Tech

ヤマハ、夜間でも音を気にせず演奏できるデジタルサックス「YDS-150」発売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマハ株式会社は、デジタル管楽器の新製品として、デジタルサックス「YDS-150」を11月20日に発売する。

「YDS-150」は、「いつでも、どこでも、だれでも演奏の楽しみを味わえるサクソフォン」をコンセプトに開発された製品。サクソフォンの本格的な表現力はそのままに静音化を実現し、より気軽に演奏を楽しむことができる。

理想の音色をより手軽に表現

「YDS-150」開発の背景には、趣味としての管楽器に対するニーズの大きさがある。一方で、音が大きく練習場所が限られることや、上手く演奏できるようになるまで時間がかかることから、最初の一歩を踏み出せないケースも多かったという。

「YDS-150」には、「より多くの人にサックスの演奏体験を届けたい」という想いから、様々な工夫が施されている。例えば、時間や場所を気にせず練習ができるよう、音量を15段階で調節できるようにした。ヘッドホンやイヤホンを接続すれば、外に音を漏らすことなく演奏を楽しむことができる。

吹き口はアコースティックサクソフォンと同じスタイルのマウスピース・リードでありながら、初心者にとって最初のハードルであるアンブシュア(演奏時の口の形)を作らなくても美しい音を出すことができる。スマートフォンの専用アプリを使えば、音色の変更から吹き心地の調整まで様々なカスタマイズを行うのも容易だ。

サクソフォンを体感できるデザイン

「YDS-150」の魅力は、そのデザインにもある。キイ配列やマウスピース、サムフックにはアコースティックサクソフォンと同じものを採用し、自然な操作感を実現した。

また、本体にはアコースティックサクソフォンと同じイエローブラス製ベルを採用。新しい音響システムと合わせて、まるで本物のサクソフォンを演奏しているかのような一体感を奏者にもたらす。

サクソフォンからシンセサイザーまで全73種類の音色を搭載しているので、この一本だけで様々な音楽表現が可能。重さは約1kgで、USB電源だけでなく単4形乾電池×4本でも動作する。簡便ながらサクソフォンの魅力を存分に味わえる「YDS-150」は、初心者から経験者まで幅広いニーズに応えてくれそうだ。

PR TIMES

(文・九条ハル)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報