海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing 三井住友DSアセットマネジメント、米中のAI開発に関するレポートを発行

Marketing

三井住友DSアセットマネジメント、米中のAI開発に関するレポートを発行

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
三井住友DSアセットマネジメント株式会社(以下、三井住友DSアセットマネジメント)は、経済イベントや市場動向に関するマーケットレポートを日々発行している。同社は今月28日に、マーケットレポート「中国は『AI』開発でも米国に猛追」を発行した。

米国と中国におけるAI開発の状況を比較

多くのメディアが取り上げたことにより、米国と中国の対立は今や誰もが知るところとなった。三井住友DSアセットマネジメントはこれまで、「5G通信」や「自動運転」などのテーマで両国の状況を比較。そして今回のレポートは、「人工知能(AI)」に焦点を当てたものとなっている。

そのレポートによると、米国では企業がAI開発の中心を担っているとのこと。企業の例として、GoogleやAmazonなどが挙げられている。対して中国では政府が推進役を担い、企業は主として実行役に回っているようだ。

今後のカギとなるのは、中国の規制緩和?

現在、AIの基礎研究における米国と中国の差は大きくないとされる。顔認証をはじめとしたAIシステム開発では、中国が米国をリードしているという見方が一般的だ。その一方、デジタル化やクラウド化などに関しては、逆に中国が⽶国に差をつけられているという。

中国では安全保障上の理由で規制がかかる分野もあり、今後の開発の大きな足かせとなる可能性がある。三井住友DSアセットマネジメントは、中国の規制緩和が競争上のポイントになると分析している。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報