海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Microsoftが誰でも簡単に機械学習モデルが作れるツール「Lobe」を公開!

Tech

Microsoftが誰でも簡単に機械学習モデルが作れるツール「Lobe」を公開!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Screenshot via Microsoft Lobe

Microsoftは、WindowsやMacにダウンロードして無料で使える「Lobe」を公開している。同ツールでは、ネット接続やログインもなしで機械学習トレーニングができて、利用するデータはプライベートに保たれる。

Microsoftは2018年にLobeを買収し、同ツールをブラッシュアップしてきた。今では、誰でも簡単に機械学習モデルがトレーニングできるように…とのコンセプトを体現したものになっている。

写真をインポートすれば自動でトレーニング

LobeのWebサイトに掲載の紹介動画を観れば、このツールのシンプルな使い勝手が認識できるだろう。ナビゲーターがPCのWebカメラで水を飲む写真を複数通り撮影。同じく水を飲んでいないシーンを撮影すると、トレーニングが自動で行われる。

ラベルを調整して、Webカメラの前で水を飲むと「水を飲む」動作が検出できるように。また、モデルの修正も簡単にできるようだ。

紹介動画ではコップを顔の前に持ってきた際、モデルが誤ってラベル付け。ボタンを押すだけでこれが修正された。作成されたモデルは、独自のヘルスケアトラッキングアプリに統合することもできる。

モデルはエキスポートして実用的なアプリに

さまざまなモデルが作成できて、例えばMicrosoftが主催したハッカソンでは、ミツバチが巣箱に飛び込んだときの写真と、ハチ、ハサミムシ、オオスズメバチといった侵入者の写真を用いて、養蜂主に通報する機械学習モデルが登場した。

機械学習モデルは、巣箱の入り口に設置したRaspberry Piデバイスで実行されている。ほかにもたくさんの例がWebページ上で紹介されている。

Lobeは専門知識を持たないユーザーが、手軽に機械学習を試すのに最適で、同ツールを用いて作成された実用的なモデルがどんどん登場しそうだ。

参照元:From beekeepers to ocean mappers, Lobe aims to make it easy for anyone to train machine learning models/ Microsoft The AI Blog
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報