海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 沖縄県「OTSレンタカー」にて、受付無人化と事故低減の実証実験を実施

Tech

沖縄県「OTSレンタカー」にて、受付無人化と事故低減の実証実験を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アイ・ムーヴ株式会社と「OTSレンタカー」を運営する沖縄ツーリスト株式会社、株式会社OTSサービス経営研究所および株式会社デンソーテンは、通信型ドライブレコーダーを活用したレンタカー業務効率化や事故低減の実証実験を実施する。

また、受付無人化に向けた業務効率化と事故低減にくわえ、ドライブレコーダーを通じて、旅行前・中・後に役立つコンテンツを提供することで観光産業の発展と拡大に寄与するという目的もあるようだ。

なお、同実験の一部は、2020年10月29日~11月1日に開催される「ResorTech Okinawaおきなわ国際IT見本市2020」に出展されるとのこと。

受付無人化を実現する仕組み

同実験の準備段階では、デンソーテンが提供する通信型ドライブレコーダーを搭載したレンタカーの走行データ分析や映像データの収集を行ってきた。また、このたびの実験では、ドライブレコーダーのデータから年代や国籍ごとの運転行動・訪問先の傾向の調査も検討中だ。

同実験では、レンタカー予約者に対して収集したドライブレコーダー映像から作成した運転マナー動画を事前配布することで、貸し出し時の注意事項などを伝える業務を省略する。貸し出し当日は、スマートフォンアプリを活用し、顔認証による予約情報の照合と車両の解錠・施錠を行う。

これにより、受付の無人化を図ろうというのだ。受付を無人化することは、人手不足の解消につながるとともに、新型コロナウイルスの感染予防にも効果があると期待されている。

安全運転支援のほかコンテンツ提供も

沖縄県はインバウンドも多いことから、交通ルールの認識にずれがあり事故につながるケースもあるという。そこで、通信型のドライブレコーダーを活用してこういった課題に向き合っていく。

例えば、日本の交通ルールや注意点をドライブレコーダーの音声ガイダンスでリアルタイムに伝えるという案がある。もちろんガイダンスは多言語対応。

このように、ドライブレコーダーを活用した受付無人化につながる業務効率化と安全運転支援が有効であるかを検証していく。

くわえて、ドライブレコーダーのデータを利用者の旅行をより楽しく快適にすべく活用するという。例えば、旅行前にはおすすめ観光ルート案内を提供したり、旅行後にはメモリアル動画を提供したりと、旅行中の安全運転サポートにとどまらないサービスを展開するようだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報