海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech スタンフォード大、ソーラーパネルの技術を超高解像度VRディスプレイに応用!

Tech

スタンフォード大、ソーラーパネルの技術を超高解像度VRディスプレイに応用!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jan VašekによるPixabayからの画像

スタンフォード大学の研究者らは、薄型ソーラーパネルの設計を応用して、テレビ、スマートフォン、VRデバイスのディスプレイを超解像度にできる技術を開発した。

同技術では、最大1万ppiを超える解像度が実現可能となっている。最新スマホの解像度が800ppi程度と考えるといかに革新的かが理解できるだろう。

目に近接したVRデバイスのディスプレイで、とりわけ効力を発揮しそうな同技術は、既存のOLED技術を置き換える可能性がある。

明るく製造が簡易なOLEDディスプレイに

新しいOLEDは、非常に高いピクセル密度を備えていることに加えて、従来のものより明るく製造が簡易、費用対効果も高い。

OLEDの技術的な中心には、電気を流すと赤、緑、青の光を発する有機分子がある。OLEDディスプレイの各ピクセルは、これらのサブピクセルで構成されていて、原色を組み合わせてさまざまな色を形成する。このOLEDは製造プロセスが複雑で、スマホディスプレイなど小規模なもの向きだ。

また、テレビなど大画面に用いられる白色OLEDでは、カラーフィルターをかますことで色を形成しており、製造が簡易な一方電力消費量が大きく、画像が画面に焼け付くといったデメリットもある。

Samsungが引継ぎフルサイズのディスプレイ開発へ

新しいOLEDでは、光学メタサーフェスと呼ばれるソーラーパネルの要素を利用する。この、ナノスケールの波形構造を備えた反射金属層は、光の反射特性を操作して効果的に色を抽出できるという。

従来のOLEDでは、サブピクセルを構成する赤、青、緑の波長に対応した有機分子の厚さが異なっており、フラットスクリーンを製造するには材料の配置による厚さの調整が必要だった。これに対して、新しOLEDでは各ピクセルを同じ高さにすることができ、大小規模での製造が簡易化できる。

ミニチュアのピクセルを用いたテストでは、白色OLEDと比較して色純度が高く、発光効率が2倍に向上したことが示された。同技術の追求はSamsungによって引き継がれ、フルサイズのディスプレイへの統合が目指されている。

参照元:Stanford materials scientists borrow solar panel tech to create new ultrahigh-res OLED display/ Stanford News
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報