海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech まるでミュージカル!? 歌に乗せて会話ができるロボット「Charlie」とは?

Tech

まるでミュージカル!? 歌に乗せて会話ができるロボット「Charlie」とは?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヤマハ株式会社は、世界で初めてメロディーに乗せて言葉を発するコミュニケーションロボットを開発。それが「Charlie(チャーリー)」だ。

2020年10月27日より公式ウェブサイトにてプロトタイプを公開中。同時にモニター募集を開始し、12月から1ヶ月ほど抽選で選ばれた約30名による製品モニターを実施するとのこと。

雰囲気を壊さない曲選び

「Charlie」誕生の背景には、働く女性のストレスや癒やしへのニーズがあるようだ。同社はストレス社会を生きる女性を応援すべく、メロディーに乗せた言葉で癒やしを与える「Charlie」の開発に至ったという。

「Charlie」は、「おはよう」や「ただいま」といったあいさつはもちろん、普段の相談事や雑談などもメロディーに乗せて返答。これは、同社がもつボーカロイド技術や自動作曲技術などを活用したもので、約30種の音楽ジャンルにもとづいたメロディーパターンがある。

会話の内容によってアップテンポな曲調を選択したりスローテンポのボサノバ調を選択したりと、「Charlie」はなかなか空気を読むようだ。

ユーモアを交えた会話も……!?

「Charlie」は人感センサーを搭載しているため、ユーザーが話しかけなくても一緒にいるだけで自発的に話しかけてきたり、独り言を言ったりとその存在感は十分だろう。同社が「Charlie」を「ペット以上恋人未満」といっているのもうなづける。

ほかにも、会話を重ねることで歌がうまくなったり、頭や足をメロディに合わせて動かしたり、天気や星座占いを答えたりと多機能。

そんな「Charlie」の外見は愛らしく、性格は「とにかく前向きで、冗談も好き」「口は悪いほうだけど、意外とロマンチスト」「夢は音楽家になること」だそうだ。ときにユーモアを交えた返答もするとか。

現在募集中のモニターは、約30名を予定(抽選あり)。期間中定期的にInstagramにモニターの様子を投稿可能な人を求めている。なお、モニター期間終了後、希望者は「Charlie」の製品版を無償でもらえるようだ。

音楽といえば「聴く」「演奏する」が主流で、最近では5Gの登場で「観る」という体験が増えてきた。そんななか、「話す」という新たな音楽体験を提供してくれる「Charlie」は、日常生活に溶け込む音楽として注目されるかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報