海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 海外での医者探しに便利なプラットフォーム「TraveDoc」、診療科目や言語で検索

Start Up

海外での医者探しに便利なプラットフォーム「TraveDoc」、診療科目や言語で検索

旅行などで馴染みのない土地へ行き、困るのが体調を崩したときだろう。特に海外だと言葉の壁で医者探しに苦労することになる。 日本語が通じるドクターを探し当てられたらラッキー。だが、日本人が多く住む大都市ならともかく、そうはう...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
TraveDoc旅行などで馴染みのない土地へ行き、困るのが体調を崩したときだろう。特に海外だと言葉の壁で医者探しに苦労することになる。

日本語が通じるドクターを探し当てられたらラッキー。だが、日本人が多く住む大都市ならともかく、そうはうまくいかないケースがほとんどだろう。

せめて、まったくお手上げのローカル言語ではなく英語が通じる医師がいれば―。「TraveDoc」はそうした医師探しができるプラットフォームだ。診療科目と対応言語、都市名で検索でき、アポイントもとれる。

サイトは英語表記だが、Cardiologist(内科)、Dermatologist(皮膚科)、Gastroenterologist(胃腸科)などの専門科さえおさえれば、後の使い方はシンプルだ。

都市名、医師の専門分野、そして言語を選択して検索する。すると該当する医師のプロフィール一覧が表示され、クリニック所在地もGoogleマップに案内される。プラットフォームからアポを入れたり、診療時間などをチェックしたりできるのも便利だろう

現在、利用可能な都市はドバイやシンガポール、クアラルンプールなど5都市のみ。登録する医師はサイト管理者による面接を受けていて、「“質”が高いドクターだけを紹介している」とアピールする。

このサービスは旅行好きな米国人医師が立ち上げた。ユーザー登録すれば誰でも無料で利用できる。今はまだ利用可能な都市が限られているが、今後増えればその利便性をさらに発揮しそうだ。

TraveDoc
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報