海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification 中古車事業のIDOM、アフリカ事業をスピンオフして新会社を設立

‎Notification

中古車事業のIDOM、アフリカ事業をスピンオフして新会社を設立

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
中古車事業「Gulliver(ガリバー)」を運営する株式会社IDOM(以下、IDOM)は、展開中のアフリカ事業をスピンオフし、株式会社FMG(以下、FMG)を設立した。

このFMGに対し、株式会社サムライインキュベート(以下、サムライインキュベート)が出資などの支援を決定。株式会社サムライインキュベートアフリカが運営する「Samurai Africa Fund 2号投資事業組合」を通じて、FMGへの支援が行われる。また、サムライインキュベートの代表取締役である榊原健太郎氏が、FMGの社外取締役に就任する。

新会社設立の背景と今後の展望

IDOMが展開中のアフリカ事業では、2017年からアフリカ現地での調査をスタート。同社は自動車の流通構造や金融サービスなどの検証を行いながら、新たな中古車流通の形を模索してきた。このような取り組みを進める中で、事業運営をより柔軟かつスピーディーなものにするべく、今回のスピンオフが決定している。

FMGは、IDOMが持つ流通ノウハウやリソースを強みとして、アフリカ諸国における新たなビジネスモデルの構築およびサービス改善・拡張を進めていく。サムライインキュベートは資金提供に加え、財務・広報・採用面での支援を行う。

アフリカ諸国のドライバーをサポート

アフリカ諸国においては、配車サービスなどのドライバーとして生計を立てる人が増加傾向にある。より多くの仕事を得るために自動車が必要となる一方、「(信用情報としての)銀行口座を保有していない」などの理由で購入を諦める人も多いという。

そのような課題の解決へ向け、IDOMは配車サービス企業や銀行とタッグを組んで車両提供を実施していた。今回設立されたFMGでは、顧客属性や走行履歴といったドライバーの信用情報データの管理も行う。そして、そのデータを配車サービス企業と共有。こうした取り組みにより、配車サービス従事希望者をサポートする。

FMGはさらに、良質な中古車を直接的に日本からアフリカへ輸出。従来は複雑だった二次流通の構造がシンプルになり、割安な価格で日本の中古車を手に入れられるようになるとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報