海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 凸版印刷、パネルと平行に映像を出現させる空中タッチディスプレイを開発

Tech

凸版印刷、パネルと平行に映像を出現させる空中タッチディスプレイを開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)は、独自技術を用いて新たな空中タッチディスプレイを開発。従来品との比較で、筐体の薄型化や映像の視認性向上が実現した。

壁面への埋め込みが可能になった

新型コロナウイルスの流行に伴い、非接触型タッチパネルへのニーズが高まっている。何もない空間に画像を浮かび上がらせ、センサーによって指の動きを検知する製品はこれまでにもあったが、スペースをとってしまうことが課題だった。

そのような課題を解決すべく、凸版印刷は独自の光学設計技術と構造設計技術を活用。液晶パネルと平行な位置の空中映像表示に成功した。これにより、液晶パネルから約90度の位置に映像を出現させる従来品と比べ、筐体が薄型化。壁面への埋め込みも可能になるという。

空中映像の視認性も向上

左の画像では、「ゴースト像」が発生している

そして、注目すべきポイントは筐体の薄型化にとどまらない。従来品では、空中映像が暗く不鮮明であるだけでなく、いくつもの像が見える「ゴースト像」という現象も発生してしまっていた。今回の新たな空中タッチディスプレイでは、独自の高透過率TFT液晶技術などにより、従来品よりも明るい空中映像が実現。また、ゴースト像を抑えることにも成功している。

想定される主な使用シーン

凸版印刷は今年12月のサンプル品提供後、来年の量産試作を経て、2022年の本格量産を目指す。その上で、2022年度の売上20億円達成(関連受注含む)を目標に掲げている。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報