海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech スマホによる遠隔診療をサポート!千葉大などが行った研究の内容とは?

Tech

スマホによる遠隔診療をサポート!千葉大などが行った研究の内容とは?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
千葉大学大学院工学研究院の津村徳道准教授(イメージング科学コース)と金沢大学附属病院の小川恵子特任准教授(漢方医学科)を中心とする共同研究チームは、DIC株式会社などの複数社と共同研究を実施。遠隔診療のクオリティ向上につながるシステムが実現した。

カラーチャートを活用した色補正

新型コロナウイルスの影響を受け、ビデオ通話などを用いた遠隔診療へのニーズは高まっている。しかし、遠隔診療ゆえの課題もまだまだ多い。一例として挙げられるのは、患者の顔色の見え方が、スマートフォンの機種や照明環境に左右されてしまうこと。

そこで今回の共同研究チームは、遠隔診療における色再現用のカラーチャートを作成。遠隔診療の事前準備として、そのカラーチャートを患者と医師に配布した。その上で、患者が画面上に表示させたカラーチャートと、医師の手元にあるカラーチャートの色が合うように色補正を実施。方法としては非常にシンプルだが、正確な色の再現に成功している。

患者のバイタル情報も取得!

さらに今回の研究では、研究代表者の津村氏による機能的画像処理の研究成果を活用。前述の色再現を行った患者の顔の動画から、心拍数や呼吸数、ヘモグロビン量などのバイタル情報を取得できたとのことだ。

こうして、色再現およびバイタル情報取得に関する研究成果を組み合わせることにより、高度な画像処理システムが実現。ちなみにこのシステムは、視覚情報を用いた漢方医学の診断法「望診」の概念に基づいているという。将来的にシステムが普及すれば、患者はより質の高い遠隔診療を受けられるようになりそうだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報