海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 人やモノの位置・動きを可視化! 過去のデータの活用もできる「POSITUS」発売

Tech

人やモノの位置・動きを可視化! 過去のデータの活用もできる「POSITUS」発売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューノーマル時代を迎え、働き方に変化が起こっている現在、オフィスなどのあり方もまた見直されている。コワーキングスペースの活用やサテライトオフィスの開設、既存のオフィスのレイアウト変更など密をさけたりスペースを有効利用したりするための取り組みが進んでいるようだ。

この流れのなか、そういった取り組みの一助となりそうな位置情報ソリューション「POSITUS(ポジタス)」が登場した。開発したのは、パナソニック株式会社の100%出資連結会社であるパナソニックLSネットワークス株式会社で、2020年10月30日より発売を開始する見込みだ。

「POSITUS」の仕組み

「POSITUS」は、建物内の人やモノの位置・動きをデータ化するソリューション。同システムは、専用スキャナ・BLE発信ビーコン・専用サーバー・PoE HUBで構成され、専用スキャナはPoE HUBからLANケーブル1本で通信と給電が可能なため電源工事が不要という手軽さが魅力のひとつだろう。

ちなみに、1システムにつき、スキャナは1,200台、ビーコンは3,000個用意される。

位置情報を表示する仕組みとしては、BLE発信ビーコンからの信号を複数の専用スキャナが受信し、受信電波強度(RSSI)を専用サーバーが解析することで位置情報を測位して、それをフロアレイアウト画面に表示するということだ。

データ活用やAPIも

同システムは、社員の所在確認やグループの出社状況把握、プロジェクターなどの共有物の所在の把握などを容易にする。

これにより、人やモノを探す時間を短縮でき、フリーアドレスを運用しているオフィスでもスムーズな業務が期待できるという。

また、新型コロナウイルス感染予防の観点から、あらゆる施設で混雑状況の確認が重要視されているが、同システムでも建物内の混雑状況を把握することができる。「ヒートマップ表示」に切り替えることで、オフィスや休憩室、カフェテリアなどの混雑状況の可視化が可能となるようだ。

さらに同システムは、過去1ヵ月の位置情報データをCSV形式でダウンロードし、分析することもできる。

例えば、スペースの活用度合いを分析し、より有効に使う方法を考えたり、自身の行動の傾向を客観的に把握することで生産性向上につなげたりと業務改善に活かせるだろう。

なお、ほかのシステムとの連携できるAPIを標準搭載しているため、ほかのシステムでの位置情報を活用した新たなサービスを提供することも可能とのこと。

こういった機能を活用すれば、これまでのオフィス環境をより使いやすく快適にアップデートすることができる。オフィスにも変化が求められる時代のニーズを捉えたソリューションといえるだろう。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報