海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Enterprise グッドパッチ、スタートアップ向け出資プロジェクトの立ち上げを発表

Enterprise

グッドパッチ、スタートアップ向け出資プロジェクトの立ち上げを発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社グッドパッチ(以下、グッドパッチ)は、スタートアップへの出資からデザイン支援までを行う「Goodpatch Design Fund」を立ち上げた。なお、「Goodpatch Design Fund」は出資プロジェクトの呼称であり、子会社設立やファンドの組成を伴うものではない。また、個別案件における出資金額や比率は非公開となる。

スタートアップへの支援を本格化

2011年に設立されたグッドパッチは、「デザインの力を証明する」というミッションのもと、さまざまな企業のビジネスをサポートしてきた。同社のさまざまなサービスに関しては、Techableにおける過去の記事をチェックいただきたい。

今回の「Goodpatch Design Fund」の立ち上げを通じて、グッドパッチはスタートアップへの支援を本格化する。同社はこれまで、情報キュレーションサービスを手がける株式会社Gunosyや、モバイルゲーム事業を行う株式会社アカツキなど、多くのスタートアップを支援。グッドパッチによる支援を受け、前述の2社を含む合計6社のスタートアップが上場している。

「Goodpatch Design Fund」では、事業成長に必要な資金のほか、グッドパッチの知見に基づくデザイン支援を提供。各種問い合わせは専用フォーム経由で行える。

「Goodpatch Design Fund」初の出資先は?

今回は、「Goodpatch Design Fund」による初めての出資先も発表。出資を受けるのは、2017年に設立された株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ)だ。同社は2018年に、お金のオンラインチャット相談プラットフォーム「お金の健康診断」をリリース。そして昨年には、お金の悩みや疑問を解決するWebメディア「オカネコ」をリリースしている。

デザインで他社との差別化を図りたいスタートアップにとって、「Goodpatch Design Fund」は心強い存在となりそうだ。

PR TIMES(1)(2

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報