海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 1分間で600文字?!“テキストストリーミング”で読む効率が飛躍的にアップ

Mobile

1分間で600文字?!“テキストストリーミング”で読む効率が飛躍的にアップ

今はスマートフォンなどのモバイルデバイスで、メールやニュースを見る時代。私たちはスクリーン越しに、毎日大量のテキストを目にするが、モバイルプラットフォームはコンパクトな分、パソコンやテレビに比べると画面が小さく、文字が読...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Spritz今はスマートフォンなどのモバイルデバイスで、メールやニュースを見る時代。私たちはスクリーン越しに、毎日大量のテキストを目にするが、モバイルプラットフォームはコンパクトな分、パソコンやテレビに比べると画面が小さく、文字が読みづらいのが難点である。

小さなスクリーン上で、いかに効率的、効果的にテキストを読めるようにするか。その課題に取り組んだのが、「Spritz」というサービスである。“テキストをストリーミングさせる”ことで、1分間に600文字という速いスピードで読むことを可能にするという。

開発チームでは、ここ3年ほど“テキストストリーミング”のシステム研究、開発を手がけてきた。文字を見るとき、人間の目は単語の中に存在している、あるポイントを探し出すという。このポイントは、Optimal Recognition Point(ORP)という最適な認識点であり、目がそれを認識した後、脳が単語の意味の解析を始める。

人が文字を読むとき、かかる時間のうち、およそ20%が内容の意味解析に使われ、残りの80%は、目が単語と単語の間を移動し、ORPを探し出すことに使われているという。「Spritz」ではそこに注目し、テキストを1つの場所に固定して、ストリーミングで表示することで、目がORPを探す時間を省いた。

また、人間の目が焦点を合わせられる範囲は、だいたい13文字程度といわれているため、「Spritz」のテキストストリーミングで1度に表示するのは最大13文字まで。このようにして、瞬間的に単語の意味を把握できるようにした。おかげで私たちは、大量のテキスト情報をこれまでと比較にならないほどのスピードで読むことが可能になり、読解の効率が飛躍的に上がるわけだ。

1分間に表示するスピードは、100~700文字までの間で、自分の読み取りペースに合わせて設定ができる。初めは1番遅いスピードでも、慣れるにつれてもっと最適速度が上がってくるかもしれない。

「Spritz」のテクノロジーは、スマートフォンだけでなく、スマートウォッチやスマートメガネなど、モバイルデバイスの小型スクリーンでテキスト表示させることにも適している。アプリ開発者向けにSDKやAPIを含んだ開発プログラムが用意されているという。

Spritz
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報