海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 立ち仕事の負担を軽減!電気不要のアシストスーツ「アルケリスFX」

Start Up

立ち仕事の負担を軽減!電気不要のアシストスーツ「アルケリスFX」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アルケリスと株式会社サンコロナ小田、株式会社大和ハウス工業の3社は製造現場での立ち作業の負担を軽減するアシストスーツ「アルケリスFX」を開発。一般販売を見据え大和ハウス工業の全国9工場に順次導入する。

製造現場の作業員に焦点

労働環境の改善を掲げるスタートアップのアルケリス社は、電気不要のアシストスーツ「アルケリス」で医療従事者のパフォーマンス向上に務めてきた。同社は、長時間の立ち作業が多い製造現場に注目。サンコロナ小田、大和ハウス工業と連携し、作業員の疲労を軽減する新たなアシストスーツを開発した。

アルケリスは「歩ける椅子」をコンセプトに開発された装着器具。使用者の体重を分散することにより、立ち仕事の負担を抑えられるのが特徴だ。

新たに開発されたアルケリスFXも同様の機能を有しており、中腰姿勢になると一定の角度で膝を固定し、椅子に座っているような状態を再現する。

軽量化で移動しやすくなった

アルケリスFXの開発にあたっては、既存製品をベースに材質の改良が行われた。サンコロナ小田が開発した炭素繊維複合材料を採用し、重量を従来の片足約3.2kgから約40%軽量化。移動を伴う工場内の作業にも適応している。

アルケリスFXの実証実験は、大和ハウス工業の工場にて行われた。結果を踏まえ、同社の全国9工場に計37台を導入し実際の運用を行う。2021年1月には一般向けの発売も予定されており、3年間で合計1,460台の導入を目指している。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報